頭皮の血行を良くするには!

ひなたぼっこするねこ

それは、単純ですが…頭皮マッサージをすることです!

 

指の腹を使って、髪の毛の生え際から頭のてっぺんへ小さな円を描くようにして揉みほぐして行きます。

頭全体をやさしくゆっくり5分間ほどかけて行ってください。頭にはたくさんのツボがあり、頭皮の血行がかなり良くなってリラックスできますよ。これを毎日続けて行きましょう。

マッサージする時の注意点としては、絶対に爪を立てないことです。

爪を立ててマッサージをしてしまうと、地肌を傷つけてしまい、雑菌が混入して地肌トラブルになり、薄毛・抜け毛の原因になってしまいます。また、かゆいからと言って力任せにゴシゴシと強くマッサージするのもNGです。

仕事で日々忙しい方は時間を作るのが大変ですけど「継続は力なり」です。続けることがすごく大切になります。頑張りましょう!

 

古来からのやり方(笑)頭をブラシで叩くことは止めましょう!

 

巷には頭皮の血行を良くすると詠ったブラシって言うのが売られていますがオススメできません。

たしかに、育毛剤をつけてから頭をポンポン叩くと血行が良くなるので、気持ち良くなってストレス解消にもつながり、一挙両得って感じもしますが、頭皮にはものすごいダメージがあるんですよ。何せ髪が濡れている状態と言うのは毛根がすごく弱っていますので、この状態で強く叩くことは当然毛根がやられてしまいます。

さらに付け加えますと、頭部の皮下組織は薄いのですぐに損傷してしまいます。

その皮下組織には無数の毛細血管がありますので、皮下組織が壊れてしまうと、髪に必要な栄養素が毛根を伝って行きとどかなくなり、栄養不足になって弱り、抜け毛・切れ毛の原因につながってしまいます。

 

それでも、どうしてもポンポン叩きたいのであれば、ものすごくやさしく軽めに行ってください。

使用するブラシは、先端が尖っていないタイプで丸くて程度に柔らかく弾力があり、ブラシの目は粗いタイプのものをチョイスしてください。

 

帽子は頭皮によくないのか?

おしゃれなキャップ

帽子を被るとハゲると言われたことはありませんか?本当のところはどうなんでしょうか?

 

最近、日本人プロ野球選手がアメリカのメジャーリーグに挑戦することが増えてきていますよね。

私の好きな日本人選手が所属したメジャーリーグ球団の帽子がカッコ良くて、ついつい買いました。

それまで帽子を被る機会の無かった私ですが、それで少しだけ増えました(笑)

 

その時からですかね、帽子って頭皮に良くないのか?何て気になりだしたのは。

 

これから夏に向けてどんどん日差しが強くなってくる季節ですから、帽子を被って外出する機会も多くなりますね。

そうなってくると、紫外線は肌の大敵!と女性はUVケアなど始めます。日頃から化粧やUVクリームを塗ったり、日傘・帽子を被ったりして紫外線対策をバッチリしていますよね。たかが紫外線のために“シミ”何か作りたくない!という女性の自己投資には頭が下がる思いです。

 

しかし、男性のみなさんにも紫外線対策はひとごとではないのです!

なぜなら、頭皮は皮膚の延長ですから、同じように紫外線を浴び過ぎるのはよくないんです!

 

紫外線から頭皮を守るには!?

紫外線を浴びると、顔や腕などの皮膚と同じように頭皮も日焼けします。

日焼けした頭皮は水分がなくなりパサパサになったり、毛根からの脂と汗などが化学反応を起こし頭皮が炎症してしまいます。当然、毛根はダメージを受けてしまいます。

 

紫外線を浴びすぎるとシミになる?

サーフィンや海水浴などにしょっちゅう行っている友人の背中を見たことがあるのですが、背中や肩はシミだらけ。さらに、皮膚もカサカサだったので同じぐらいの年齢とは思えなくてすごくビックリしたことがあります。

また、スキーとスノーボードによく行く友人も手入れを怠ったせいか、シミだらけの顔になっていました。

若い時は単にケアする方法を知らなかっただけでしょうが、30代になったら、ケアをめんどくさがっていると顔も体もシミだらけになって後の祭りとなってしまいますよ。

 

帽子は清潔にしよう!

長時間、帽子やヘルメットを被っていると、汗や頭脂などが化学反応を起こして地肌が蒸れ、細菌が繁殖しやすくなります。このようなことが抜け毛の原因になる事があるので注意しましょう。

私は野球帽をよく被ると書きましたが、基本的には1回被ったらすぐ洗うように徹底しています。

また、汗は大敵です!

毎回同じ帽子やヘルメットを被ると細菌・雑菌類がさらに増えてしまいますので、常に清潔にするように心がけましょう。汗をかいたなあと思ったら、清潔なタオルで拭きましょう。めんどくさいなーと思うかもしれませんが、頭皮のことをまじめに考えだしたら、むしろ、汗臭い帽子を被るほうがすごくストレスになりますよ。

 

カツラやウィッグも同様に清潔にしよう!

帽子やヘルメットと同様に頭に装着するもので“カツラ”や“ウィッグ”があります。

最近ウィッグは、若い女性がオシャレ感覚で付けていることが多くなり一般的になったのですが、帽子やヘルメットと同じことですから、清潔を保つようにしましょう。

薄毛は恥ずかしいので、どうにかして隠したいお気持ちは分かりますが、カツラやウィッグも間違った装着方法が、抜け毛・薄毛になる進行を早めてしまう可能性が大となります。

 

きつく締めつける被りものはダメ!

頭にジャストフィットする帽子などを被っていると、頭が締め付けられ血行不良を引き起こす可能性もあります。

頭皮の血行が悪くなりますと、毛細胞から髪の毛に栄養が行きとどかなくなり、その結果、弱々しい髪の毛が生えてきて抜け毛の原因となってしまいます。

 

帽子を被ったあとのケアもしっかりしよう!

装着している時のケアも大事ですが、装着後のケアも重要です。

頭皮と髪の汚れを綺麗にするには、言うまでもなくシャンプーすることが欠かせないので、汗をかいたあとは必ずしっかりシャンプーをした方がいいです。

 

しっかりと洗える正しいシャンプーの仕方については後日改めて書きますので!

タバコを止めたら髪に良い!

昔ながらのたばこ屋の看板

最近、日本も世界の先進国の基準に合わせるとかで、レストランや喫茶店、ファストフード店でも分煙、完全禁煙になっているところが急激に増えてきましたね。

私は非喫煙者なので、正直不便は感じていないんですが、喫煙者にはかなり肩身の狭い状況らしいですね。

 

喫煙が健康を害するということは周知の事実ですが、それはもちろん髪にも悪影響なんです!

 

タバコの害というと肺ガンや呼吸器系の病気がまっさきに浮かぶと思いますが、育毛の側面から言えば、血行が悪くなるということが一番の悪影響なんです。

タバコを吸うと自律神経を刺激して毛細血管を収縮させ、皮膚の温度を0.5~1度ほど低下させるといわれています。これが血行不良の原因です。

食べ物や運動で髪のため健康のためにせっかく血行を良くしても、タバコをすったら0に逆戻りではもったいないですよね。

 

しかし、喫煙者いわく、どんなにタバコの害を説かれてもそうそうなかなか止められないとのことです。

ならば、止めたらこんないいことがあるよ!という戦法です。

 

  1. 血行が良くなる⇒体温が通常になり、脂肪が燃焼しやすい体になります。血液がサラサラになり、肩が凝りづらくなる、疲れにくい体質になります。
  2. 食べ物がおいしくなる⇒タバコが知らず知らずのうちににおいに鈍感にさせています。人は美味しさを味覚とにおいの両方で感じているものなので、その感度を取り戻せばいつもの食事もよりおいしく感じるはずです。
  3. 病気の危険因子が減る⇒生活習慣病の危険因子が減ります。また、禁煙に成功したら心身ともに自分の健康にも自信がつきますよね。
  4. 周囲の人にも迷惑をかけなくなる⇒副流煙などによる不快感や健康への害を周囲の人に与えずにすみ、それは周りの人々の健康を気遣うことになります。身近な人に思わぬ感謝をされるかも(笑)

 

他にも、喫煙スペースを苦労して探しまわったり、タバコが切れてイライラなんてこともなくなるのではないでしょうか?

また、タバコの価格はどんどん値上がりしています。アメリカでは1箱1000円するとかなんとか…しかし、今のこの状況からみてそんな時代は近いうち日本にもやってきそうです。

 

タバコがそれが出来た当初のように再び金持ちの嗜好品になってしまってからの禁煙はつらかろうと(笑)その前に徐々に禁煙しませんか!?

健康のためにも!懐のためにも!髪のためにも!

アルコールと髪の関係!?

温泉とお酒

GWも終わってしまいましたね~

長期休暇で明日を気にせず楽しいお酒をたくさん飲んだ方もいるんじゃないでしょうか!?(自分もその一人です!)

 

そこで、今日は、アルコールと育毛の関係について。

 

「酒は百役の長」と昔から言われているように、お酒は多少飲む分にはストレスを発散し、かつ血行を促進するため体にも髪にも良いです!

 

しかし、もちろん深酒は要注意です。なぜ飲みすぎが良くないかというと、

  • 眠りが浅くなって疲労を回復させるのに十分な睡眠が取れなくなる。
  • 体内の水分を奪い、血液がドロドロの状態になり血行が悪くなる。

 

睡眠とは「浅い睡眠」と「深い睡眠」という睡眠サイクルを繰り返します。しかし、暴飲はそのサイクルの中の「深い睡眠」になれなくなりなってしまいます。お酒をたくさん飲んだ日の浅い眠りではちゃんとした休息が取れていないんです。おまけに寝起きも悪くなります。

 

質の良い睡眠は髪にとって必須ですから、当然睡眠不足は髪にも良いはずがありません。

 

少量でも寝酒を飲むとすぐ寝られるからと毎晩続けて飲むのも同じ様に日々の眠りが浅くなっていき、良くないです。

 

また、アルコールによって血液中の栄養素や酵素が押し出され、髪に栄養が届かなくなったり、皮脂腺を活発にして頭皮の皮脂量を増やし、脱毛を促進してしまったりします。皮脂腺が活発になると、男性型脱毛の原因である酵素を大量生成しやすくなってしまいます。

 

お酒にはかかせないつまみ類もついつい高脂肪高カロリーの食品や、味付けの濃いメニューのほうがおいしくて片寄ってしまいがちですよね。

度を超えた飲酒は、二重三重に、髪に悪い食生活へと私たちを陥れていくんです…

 

しかし、常に節制生活もつらいですし、休みの前の日なんかついつい深酒してしまったときは、いい対処法があります。

それは、飲んだお酒の倍の量の水を飲むことです!

 

飲みなれてないと汗もかいていないのにそんなに大量に水を飲むのは少し大変です。

そんな方にはスポーツドリンクもオススメです。

スポーツドリンクは体内への吸収が早いですし、おいしいものがたくさんあるのでぜひいろいろ選んで好きなものを飲んでください。

ただし、スポーツ飲料は糖分も結構あるので、飲みすぎるのも注意です!せいぜいペットボトル1本くらいにしてあとは水にしましょう。

お茶、ウーロン茶はお酒程ではないにせよ多少の利尿作用があるので、飲酒後の水分補給としては避けたほうがいいです。

 

← 前のページ