育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に良い栄養素~ヒアルロン酸~

育毛に良い栄養素~ヒアルロン酸~

手羽先

「育毛に良い栄養素~グルコサミン~」は、ヒアルロン酸の成分であると書きましたが、

その「ヒアルロン酸」とは何か!?

「ヒアルロン酸」はサプリメントだけでなく、薬(目薬なんかで良く見ますね)や化粧品や、育毛シャンプーの配合成分なんかにも良く見られます。

 

ヒアルロン酸とは

 

ヒアルロン酸とは、人や動物の身体の中に含まれているアミノ酸1種であるムコ多糖体です。
人体のあらゆるところに存在していますが、特に関節の中にある関節液や関節軟骨、眼球の水晶体(レンズ部分)の後ろにある硝子体(ガラス体)、皮膚、臍帯(さいたい〈へその緒〉)などに多く含まれています。

人体では、関節液や関節軟骨に含まれたヒアルロン酸が、骨と骨との間の動きを滑らかにする潤滑作用や、クッションの役割を果たす緩衝作用によって、関節の動きをよくする役目を果たしています。
その他にも、眼球のガラス体の中にあって眼球の形を保ったり、細菌の侵入を防ぐ、皮膚のみずみずしい張りを保つなどの働きもしています。

ヒアルロン酸は体内で合成される成分であり、その量は加齢により失われていきます。
赤ちゃんの肌は、実にキメこまかくプリプリしていますが、このプリプリ感は肌にヒアルロン酸が豊富に存在し、水分がたっぷりと含まれているからなのです。
成人の肌のヒアルロン酸量は赤ちゃんの20分の1に減っています。

 

ヒアルロン酸の育毛効果

 

ヒアルロン酸は、1gで6リットルもの水分を保つ優れた保水力を持っています。
肌(皮膚)や髪に潤い・ハリをもたらす、という意味でヒアルロン酸は育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントにも良く配合されている成分です。

保水力以外には、間接が潤滑に動くようにしたり、血管の動脈硬化を予防するという働きも担っています。

 

ヒアルロン酸は何から摂り入れるか

 

ヒアルロン酸が含まれる食材は、にわとりのとさか、豚足、鳥手羽先などです。

しかし、それらに含まれるヒアルロン酸は微量で、食品から補うのは難しいとされています。

そこで、サプリメントが多く販売されているわけです。

また、ヒアルロン酸の成分となるグルコサミンを摂取するのも良いでしょう。

ヒアルロン酸は、コラーゲン、エラスチン、ビタミンB2と一緒に摂取するとより効果的といわれています。

また、ヒアルロン酸は分子の大きい成分であることから、ヒアルロン酸そのものを摂取、皮膚からなどは吸収されないという話もありますが、ヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については、皮膚の水分量増加および膝関節痛改善効果とそのメカニズムが報告されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。