育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー法 > 正しいコンディショナーの仕方!

正しいコンディショナーの仕方!

美ネコ

シャンプーがすんだら、コンディショナーをつけましょう!

 

男性陣は短髪だからコンディショナーはいらないなどの理由でコンディショナーを使わない方が多いようです。

以前、私も夏場なんかはさっぱりしないという理由で使わなかったことがあります。今では、この行為をしていたことをすごく後悔してます…

 

シャンプーをしてせっかく頭皮を綺麗にしたのに、コンディショナーを付けると毛根に悪いんじゃないか?なぜ、使う必要があるのか?という人もいますが、いやいや、コンディショナーは必要ですので使いましょう!

 

コンディショナーの役割とは、髪や頭皮を守ることなんです。

 

シャンプー後は、頭皮と毛根の脂をごっそり奪われてるため、頭皮には脂分がほぼ無いような状態になります。

その状態ですと、頭皮を守ろうと毛根から過剰に脂を分泌されます。これを抑えるのにコンディショナーを使うことが必要なんです。

ですので、是非ともコンディショナーを使ってみてください。しばらく使っていなかった方はシャンプー後のさっぱり感・すっきり感が少ないかと思われますが、頭皮には良いことをしていますので、欠かさず使って見ましょう。

 

さて、ではやっと本題、正しいコンディショナーの仕方です!

 

まず、シャンプーと同じぐらいプッシュした量を手のひらに取り、髪の毛になじませるように付けていきます。

 

そのとき注意したいのが、決して地肌には付けないでください!地肌に付けてしまうと毛穴がふさがってしまい育毛には良くないです。

 

さて、コンディショナーをしている間に湯船がある方ならばゆっくりつかることをおすすめします。

この間にコンディショナーが毛髪に浸透していき栄養分を補充してくれます。コンディショナーを付けておく時間の目安は3分から5分ほどで充分です。湯船にゆっくりつかってみたり、歯みがきするのも有りかと思います。

そして、最後のすすぎ。

シャンプーのすすぎと同じように、コンディショナーが毛根に残っていると良くありませんので、シャワーを使用してしっかりすすいでください。

やり方は髪の毛の量により個人差がありますが、頭のてっぺんからやはり3分から5分ほどゆっくり丁寧に行ってください。

コンディショナーの種類によっては、すすいでいる時にぬるぬる感が残ってしまことがありますが、だからと言って、くれぐれもゴシゴシと髪を強くすすがないでくださいね。時間をかけてしっかりすすげば、ぬるぬる感がなくなり良い感じになりますよ。

それでも、ぬるぬる感が取れない場合は、ちょっともったいないですが、そのコンディショナーは思い切って止めて他のコンディショナーに替えた方が良いかもしれません。

 

さて、正しいシャンプーをした後は、正しい髪の乾かし方についてです!

コメント

コメントを受け付けておりません。