育毛大辞典 > 髪にまつわる雑学 > 育毛のために温泉に行こう!育毛に良い温泉はこれだ!

育毛のために温泉に行こう!育毛に良い温泉はこれだ!

草津温泉

1月は1年のうちで一番冷え込みが厳しいそうですよ。冷えると温泉に行きたくなりますねー。

 

以前にも育毛に良い温泉はないかと調べたのですが、そのときはこれといった資料がなかったのですが、再度調べてみたところ、いくつか出てきましたので、ご紹介します!

 

温泉で、リラックスして美味しい料理を食べて育毛もできたらこんないいことはありませんね!

 

 

 

温泉で癒すという日本の文化

 

そもそも日本人には「湯治」という文化があります。

「湯治」とは、温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留して特定の疾病の温泉療養を行う行為のことです。

「湯治」の歴史は、最も古くは鎌倉時代中期に戦傷者が温泉に訪れたという記録からあります。一部権力者の特権であった湯治は、江戸時代には一般庶民にも広がっていきました。

第二次世界大戦後の急速な生活様式の変化が訪れるまで、湯治文化は日本人にとって一般的なものでした。

現在でも、完全に廃れたわけではなく、皮膚病治療などに湯治が用いられることがあります。

 

育毛に良い温泉とは

 

温泉には、水素イオン濃度(pH=ペーハー)によって、酸性泉、弱酸性泉、中性泉、弱アルカリ泉、アルカリ泉と分類されます。

アルカリ性温泉などは「美肌の湯」などと呼ばれています。

育毛に最も適した温泉はズバリ「酸性泉」です!

日本一有名な強酸性泉といえば、群馬県にある「草津温泉」です。
他に、湯治場として有名な秋田県の「玉川温泉」なんかがあります。

もしくは血行促進に適しているのは「硫黄泉」(硫黄泉の中にもpHは様々です)か「炭酸泉」です。

日本で有名な硫黄泉といえば、下呂温泉、登別温泉、箱根の温泉等があります。

しかし、天然の「炭酸泉」は日本では非常に少なく、ヨーロッパで多く存在します。
ただし、ヨーロッパの温泉は日本の温泉に比べて温泉の水温が低い(32~34°程度)ので風呂というよりは温水プール的なものと捉えたほうがいいようです。

ヨーロッパで温泉!?と思われるかもしれませんが、ヨーロッパ旅行に出かけた際は育毛のためにぜひ温泉を!

育毛のためにはできれば頭皮にも温泉をかけたほうが良いので、かけ湯ができる温泉がオススメです。

 

温泉にはなかなか行けないという人にも温泉効果で育毛を!

 

私もそうですが、そうそうめったに温泉は行けませんよね。

ましてや湯治なんて最低1週間は必要ですから、そんな休み年末年始がゴールデンウィークくらいしか…(湯治文化が廃れた背景にはこうした会社勤めが一般的になったこともあるんでしょうなあ)

そんな方には、温泉水の育毛剤などどうでしょうか?

温泉水の育毛剤は、育毛のためにやわらかい頭皮を作ろうというコンセプトで作られたものです。
天然のミネラル成分が入っている温泉水の育毛剤なので、ミネラル成分が頭皮をやわらかくし、血行を良くする効果が期待できます。

市販の入浴剤も良いのですが、安価なものは、雰囲気が楽しめるという程度で効果は期待できません。
使うなら、成分も見て、良いものを使いましょう!

コメント

コメントする