育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプーの歴史~石鹸から育毛シャンプーまで~

シャンプーの歴史~石鹸から育毛シャンプーまで~

シャンプー

先日、髪を洗っていてふと疑問に思ったことがありました。

シャンプーってやつは一体いつから使われているのか!?

以前に「育毛の歴史」と「育毛シャンプーブームの始まり」については調べたのですが、シャンプーそのものの起源たるものを全く知りませんでした。
 
人類はいつから体を洗うものと頭を洗うものを分けたのか!?

俄然興味が湧いたので、調べてみました!

 

歴史に残るシャンプーの語源と起源

 

シャンプー(英語Shampoo)の語源はヒンドゥスターニ語のchāmpoから来ており、17世紀半ばにはこの言葉が使われており、ムガール帝国(現在の地理で言うと南端部を除くインドがそれにあたります)のビハール州周辺において行なわれていた香油を使った頭部(髪)マッサージの事を示していました。
 
この頭部マッサージの習慣が18世紀になって、英領インドから英国に伝わりました。
 
1860年頃にはシャンプー=頭部マッサージから、シャンプー=洗髪という意味に変わったようです。
この頃までは、まだシャンプーには体を洗うのと同じ石鹸が用いられていました。
 
20世紀になりやっと頭髪専用シャンプーが販売され始め、現在のようなシャンプーが販売されたのは1930年代になります。

 

日本のシャンプーの歴史

 

平安時代の女性は洗髪は1年に1度だったと子供のころに聞いたことがありますが、それは定かではないらしいですね。
しかし、記録では、江戸時代は洗髪は1ヶ月に1度程度だったようです。
ただし、これは一部の人々の習慣であり、一般的とまではいかなかったようです。
洗髪には、ふのり、米ぬか、小麦粉、灰汁などがシャンプーとして使われていたようです。
 
明治時代になり、外国から石鹸が輸入されるようになりました。(それ以前にも石鹸は日本に持ち込まれましたが、医薬品としての扱いでした)
 
大正末には資生堂から「資生堂髪洗粉」という石鹸主原料の“髪洗い粉”が販売されます。
 
そして、1926年になり、葛原工業より「モダンシャンプー」、1932年に花王から「花王シャンプー」が発売されましたが、高級品であり、石鹸で洗髪をする人が大部分でした。
 
石鹸原料ではないシャンプーが発売されたのは1950年代からです。1960年代になるとリンスも登場します。
1970年代になると現在のような液体シャンプーが一般的に広まりました。
1965年にライオンから発売された「エメロン」がテレビCMを流し、それがヒットしブームとなりました。
 
1970年代までは、シャンプーは週に1度という家庭が最も多くをしめていましたが、1980年代半ば頃になり、 「朝シャン」「リンスインシャンプー」「シャンプードレッサー」が登場し、ブームとなりシャンプーの消費量が爆発的に増えることとなります。

私はこれを第一次シャンプーブームといってもいいのではないかと思います。

 
そして現在は、家庭内においても用途に分けて個々にシャンプーを使い分けるのが当たり前、より髪に良いシャンプーを使いたい!という第二次シャンプーブームが来てるのではないかと思っています。

 
そしてこうしてみると、シャンプーの歴史の新しさに改めて驚きましたね。
薄毛の原因にシャンプーのしすぎが挙げられるのもうなずけるところです。

そういえば、自分が子供の頃、親はリンスはもったいないからとお湯で溶いてかけてたなあ、なんて思い出しました(笑)

コメント

コメントを受け付けておりません。