育毛大辞典 > 健康 > 男性更年期障害と薄毛の関係!

男性更年期障害と薄毛の関係!

哀愁漂うネコの目

更年期障害と言えば、女性特有のものとみられていましたが、男性にも同様に更年期障害があるんです。

もしかしてそれは薄毛にも関係あるのでは?

そう思い、まあ、自分の近い将来のためにも、男性更年期障害と薄毛は関係あるのか否か!?調べてみました!

 

男性更年期障害とは

 

まず、一般的に知られている女性の「更年期障害」と言われるものの定義は、閉経前後の40代半ば~50代にかけて急激な女性ホルモンの減少とそれによるホルモンバランスの乱れにより、ほてり、発汗等の体調不良やイライラ、気力の減退などの精神的不調をきたすことです。
 
これまでは、男性には閉経という決定的な要因がなく、女性以上に個人差が大きいことから、男性更年期障害は見過ごされてきました。
しかし、加齢による男性ホルモンの減少により、男性も「更年期障害」を発症するということが近年分かってきました。

男性更年期障害の発症年齢は、女性と同じく40代半ば~50代にかけてが最も多いです。
しかし、個人差が大きく30代でも男性ホルモンが減少し、男性更年期障害を発症する場合もあります。
 
症状も女性の更年期障害と同様の、ほてり、発汗、不眠、体調不良、イライラ、気力の減退、に加え、男性に多い重度の症状として、うつ、前立腺疾患、性欲減退、自律神経失調症等があります。

 

男性更年期障害の見分け方

 

男性は女性に比べて、自らの身体の変化に無頓着な傾向にあります(心辺りありませんか!?)
そのため、男性更年期障害も気づかずに重症化してしまいがちです。

30~50代男性で、こんな症状が出てきたら、ちょっと男性更年期障害を疑ってわが身を省みてみましょう。

  • 原因不明の倦怠感(体がだるい、やる気が起きない、眠れない等)が続く
  • これまでにない、異常な発汗や動悸、息切れ、不安感に突然襲われる
  • 上記の症状で各専門医にかかっても病名、原因が特定されない

 

男性更年期障害と薄毛の関係

 

女性の薄毛は加齢による女性ホルモンの減少が大きく関わっているとされています。
 
男性更年期障害の場合、男性ホルモンが減少するのですから、男性型脱毛症(AGA)には逆に好都合なのではないか!?
と、思われるかも知れませんが、男性更年期障害そのものは実は薄毛とは全くの無関係なんです。
 
その理由のひとつとして、男性ホルモンの減少は、閉経前後の女性の女性ホルモンの減少と比べ、かなり緩やかであることが挙げられます。
ですので、男性更年期障害の治療として、男性ホルモン補充療法をしたからといって薄毛が進行するといったこともないのです。
 
男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンレセプターの感受性や、DHTに変化させる還元酵素の量、還元酵素と結びつくテストステロンの量等、先天的な体質のほうが深く関係しています。
 
ですが、重度の男性更年期障害の症状でストレスを貯めることとなると話は別です。そのストレスが薄毛を進行させてしまう可能性は大いにあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。