育毛大辞典 > 成分 > 育毛に効果のある成分「エチニルエストラジオール」

育毛に効果のある成分「エチニルエストラジオール」

シロクロネコ

育毛剤の有効成分のひとつに「エチニルエストラジオール」があります。

「エチニルエストラジオール」とはさらに聞きなれない成分名だ??

と、思われた方多くいらっしゃると思います。

 
こちらは先にあげた「センブリエキス」や「サリチル酸」ほどはメジャーな成分ではありませんが、育毛剤の有効成分として使用されている場合があります。

この「エチニルエストラジオール」という成分を含んだ育毛剤はある特定のタイプの脱毛症の方には大変有効です!

 

評判や売れ行きよりも、成分を知りより自分に合った育毛剤を使う!というほうが効果的かつ効率的ですね。

 

エチニルエストラジオールとは


エチニルエストラジオールは女性ホルモン剤の1種です。

医薬品として使用されている、「エチニルエストラジオール」は、女性の症状である更年期障害や骨粗しょう症、乳がんの治療薬でもあります。

エチニルエストラジオールは、その働きから「抗男性ホルモン効果」とも呼ばれています。

 

エチニルエストラジオールの育毛効果

 

エチニルエストラジオールに「抗男性ホルモン効果」があると書きましたが、具体的には、男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作る酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害することで、DHTを作らせない効果をもっています。さらに、毛根内に存在する男性ホルモンの分泌自体も抑制します。

 

ですので、このエチニルエストラジオールは男性型脱毛症(AGA)の方にはとても有効な成分なんです!

 

残念ながら、その他の原因の脱毛症には有効ではない、ということになります。

 

エチニルエストラジオール同様の効果をもたらす育毛剤の成分として、

 

オキセンドロン…エチニルエストラジオールと同じ働きをする
スピロノラクトン…抗ホルモン作用があり、男性ホルモンの働きを弱める効果がある
ジエチルスチルベストロール(ホスフェストロール)…前立腺がんの治療薬として使われている成分

 

が、あげられます。

 

自身が男性型脱毛症であるか否かはこちらをご参考までに
→参照「男性型脱毛症(AGA、壮年性脱毛症)とは!?」

 

エチニルエストラジオールの副作用

 

女性ホルモン剤の1種と言われてしまうとちょっと気になるのが副作用です。

医薬品としてのエチニルエストラジオール剤の副作用としては、発疹や吐き気、肝機能の低下、血圧上昇、頭痛などがあげられています。

しかし、医薬部外品の育毛剤には配合量が規定されていますので、育毛剤での副作用の心配はしなくて良いとのことです。

 

毛髪大作戦Growth Project.アロマシャンプーメンズ

コメント

コメントを受け付けておりません。