育毛大辞典 > 成分 > 育毛効果のある成分「ニンニクエキス」

育毛効果のある成分「ニンニクエキス」

孤独なニンニク

ニンニクたっぷりの料理は美味いですよね!

私も好きなのですが、においが気になって平日にはなかなかがつがつと食べられないものです。

ニンニクが滋養強壮に良いことは何となく知っていますが、育毛剤にもこの「ニンニクエキス」はよく含まれている成分であります。
その「ニンニクエキス」の育毛効果についてご紹介します!

 

ニンニクとは


ニンニクとは、ネギ属の多年草で我々が食してる部分は球根にあたります。

原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていました。

古来は薬として、そのうち香辛料として肉の臭み消し目的等に使われるようになりました。

余談ですが、ニンニクのあの独特の強烈な臭いはニンニクに含まれるアリシンと言う化合物が元となっています。アリシンには抗菌作用があります。
そして、なぜなかなか臭いが取れないのかというと、ニンニクの臭いは口内だけでなく体内に取り込まれ、体臭の原因となるからなんです。

 

ニンニクの栄養効果とは

 

ビタミンB6の含有量が全食品の中で非常に多い部類に入ります。

糖質の分解を促す(ビタミンB1の効果を高める)アリシンも含み、疲労回復や体力増強に効果があります。

ビタミンB1を豊富に含む豚肉はニンニクと一緒に食べるとビタミンB1が吸収されやすくなると言われています。

その他にも新陳代謝・血行促進効果があるスコルジン、殺菌採用・抗酸化作用があるアリシン、有害重金属の除去・腫瘍予防効果があると言われている有機ゲルマニウムが含まれています。

 

ニンニクの育毛効果

 

ニンニクにもセンブリと同じ皮膚の血の巡りを良くする薬効があります。

実験の結果、血管の拡張作用と毛根の細胞分裂の活性化も認められました。

毛の根元にある毛乳頭を取り巻く細胞のことを「毛母細胞」と言うのですが、ここは細かな毛細血管が複雑に入り込んでいて髪の毛を成長させる栄養分を運んでいます。

そこでは分裂と増殖を繰り返して 髪の毛の元を作る言わば「髪の毛の増産工場」です。
ニンニクエキスはこの毛母細胞を活性化させる作用があることがわかっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。