育毛大辞典 > 髪にまつわる雑学 > 兄弟でも違う!薄毛になるならないは何で決まるのか!?

兄弟でも違う!薄毛になるならないは何で決まるのか!?

兄弟

これまで、散々育毛に良い生活習慣、栄養等を書いてきましたが、

ここでひとつ、これは話しておかなくてはならない!ということがあります。

もしかしてこれを書いたら自分が今まで調べ、良いと紹介してきた育毛知識を根底から揺るがせてしまうのでは!?
と思ったのですが、事実ですので、包み隠さずお話したいと思います。

 

兄弟で違う!?薄毛は遺伝ではないのか?


私には男兄弟がおりませんので、比較はできないのですが、私の親類の話です。

 

どちらも現在70代。仮に片方をA氏、もう片方をB氏としましょう。

A氏は40歳頃からバリバリの薄毛キャリアなのですが、その兄であるBは白髪ではありますが、いまだにフサフサ。

 

近所に住んでいるので、この二人を長年私は見てきているのですが、二人の生活習慣をふと見て気付いたんです。

 

A氏は規則正しく、3食きっちり食事を取り、週3日は運動をし、喫煙もしません(喫煙していた時期もありません)
かたやB氏は、小太り、運動はしない、食生活は不規則、喫煙をしていました(現在は止めたようですが)

 

それでも後者であるB氏のほうがフサフサなんです…!

 

これは一体どういうことか…

 

ちなみにどちらもガンの手術をしたことがあるという病歴は一緒です。

 

薄毛になる、ならないの大きな違いはストレスなのか!?

 

この二人に大きな違いがありとすれば、A氏は定年退職まできっちりと仕事を務めたいわゆる堅い人間なのですが、B氏は病気もあり早々にリタイアし現在まで悠々自適の年金生活をしています。ちなみに独身です。

性格も大きく違います。A氏は性格が几帳面、生真面目、無口。B氏はおしゃべり、陽気、わがまま。

 

どちらがストレスをため込みやすい性格と思われるかといえば、満場一致でA氏ですよね。

 

しかし、まあ、だからといっていきなり性格は変えられませんし、ストレスが薄毛に最も大きく影響するのではないか!?というのはあくまでも私の持論です。

 

ちなみに例に挙げたA氏とB氏の父親はA氏そっくりの薄毛だったそうです。

そう言われるとやはり薄毛は遺伝なのか…!?とも思えますが、薄毛は遺伝である!という決定的な研究データは出ていない、つまり薄毛の原因が究明されていないのが現実です。

 

そのために、万人に効果のある育毛剤も存在しない。ということで、様々な育毛剤や育毛シャンプーが日々開発されているわけです。

そして我々は情報を集め、その中から何を選ぶかを吟味し、育毛に良い生活習慣を日々実践するなど努力していかなくてはならないわけです。

 

本当に、この薄毛になるならないの差は何なのでしょうか!?

一刻も早く解明して欲しいと願うばかりです。

コメント

コメントを受け付けておりません。