育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー法 > 脂性頭皮の原因はズバリ髪の洗いすぎにある!

脂性頭皮の原因はズバリ髪の洗いすぎにある!

うなずくネコ

私と同じく髪に悩みを抱える友人たちに、時々ですが、育毛相談にのったり、オススメのシャンプーをいくつか紹介したりするのですが、「もっと頭皮の脂がとれてスッキリするシャンプーはないか!?」と言われることが最近続きまして。

彼らに育毛の知識がないわけではないのですが、

ああ、これは世間に広まっている、

「毛穴につまった皮脂を根こそぎ落とす!」「毛穴のつまりを除去して頭皮を正常に!」

なんていう宣伝文句を鵜呑みにしてしまっているな、と、思うわけです。

人間は物とは違います。汚れを根こそぎ落としてピカピカにして、はい終わり、ではないんです。

そもそも、物の汚れは外部から付着したもののみですが、人間の汚れとは外部から付着したものプラス体内から分泌されるもので構成されており、その分泌物は体を維持、保護するために必要だからこそ出ているものなんです。

そこを踏まえて脂性頭皮の原因と対策をお話したいと思います!

 

脂性頭皮の考えられる原因

 

頭皮の炎症・皮膚炎

頭皮の炎症や皮膚炎があると、頭皮を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されます。
こちらは皮膚科での治療が必要です。シャンプー等の対策法だけでは改善されません。
頭皮に赤み、カユミ、キズ、腫れもの等がないかチェックしてみてください。

 

シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥

一般的に、夏の方が暑さと湿気で臭いやすい季節ですが、なぜか冬の方が臭う…という方は例え脂性頭皮でも確実に乾燥傾向があります。
頭皮の皮脂を根こそぎとって洗いすぎてしまうことが、逆に体が頭皮を乾燥から保護しようとして皮脂の分泌を活発にさせてしまっています!

シャンプーは基本1日1回、アトピー・乾燥肌の方はシャンプーを使う洗髪は2~3日に1回でも十分と書いてきましたが、乾燥からくる脂性頭皮の方も試しにシャンプーの回数を減らしてみてはどうでしょうか?

見た目が気になるということであれば、例えば週末だけ、長期休暇で外出予定のないときとかにちょっとくらいの外出であれば帽子などでカバーして。

また、洗うことばかりに重点を置いていませんか!?
シャンプーで泡立ててしっかり洗うことよりもそのあとのすすぎのほうが実は大切です!
シャンプーをして浮かせた汚れはすすぐ時に流れて初めて落ちるものです。

多少でも料理をされる方は、肉を焼いた後のフライパンを放置していたら冷えた脂が固まって洗いづらくなったことはないですか?
あんなかんじが頭皮でも起こっているとイメージしてください。

 

ビタミンB2の不足と脂質の過剰摂取

脂質の摂りすぎは、そのままなのですが、ビタミンB2の不足でも頭皮、肌が脂っぽくなります。
ビタミンB2には皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働きがあります。
不足すると、口内炎、口角炎、目の充血や眼精疲労、先にあげた頭皮や肌が脂っぽくなったりします。

 

脂性頭皮の対策法

 

シャンプーの回数、シャンプーの使用量を減らす

先にあげましたが、洗いすぎによる頭皮の乾燥が皮脂の過剰分泌を引き起こしている場合、シャンプーの回数、シャンプーの使用量を減らす必要があります。
また、シャンプーも脱脂力の強いものからマイルドなものへ変えましょう。
初めは物足りないかも知れませんが、
最低でも1~2週間はその方法で様子をみてみましょう。

 

ビタミンB2を意識して摂取する

ビタミンB2は野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれます。
レバー、うなぎ、のり、鶏卵などに多く含まれます。

注意したいのは、アルコールと同時に摂取するとビタミンB2の効果は弱まってまいます。
また。炭水化物や脂肪の分解にもビタミンB2は多く使われますので、炭水化物と、特に脂肪の摂りすぎには注意してください。
その時は、多めにビタミンB2を摂取する、一時的であればサプリで補うのもありでしょう。

しかし、あくまでバランスの取れた食事が一番です。特にビタミン群は相互作用によって様々な働きをしますので、ビタミンB2を多めに、その他ビタミン群も少量すつバランスよく、がよいでしょう。

→参照「髪に良い!ビタミンとは!?その1」
→参照「髪に良い!ビタミンとは!?その2」

 

ヘッドスパに行く

ただし、これは頻繁に行く必要はありません。
多分、爽快感と効果を感じられるのは最初の1回くらいでしょう。
なぜなら、最初の1回というのは、これまでの生きてきた期間分の脂と汚れです。
そこで一度リセットされて、次はそこから蓄積された分となりますから、その後は上記の対策で良いと思います。

コメント

コメント(3)

  1. まさ on

    北海道人です。フケ症で頭皮のかゆみに悩まされていました。地元で栽培されているシーベリー(ヒッポファエ)のオイルを使ってみればと言われ市販のシャンプーにヒッポファエオイルを混ぜて使用しています。半月程度でフケ、かゆみが無くなりました。シーベリーの果汁もアトピーに良いようです。

    • 吉田育男 on

      コメントありがとうございます!シーベリーというものを初めて知りました!調べてみると、オイルにしても食用にしても、健康にも良さそうですね。情報ありがとうございます!

  2. マイナチュレ on

    薄毛に悩む女性の味方

    化学成分を排除することで、本来持っている有効成分をより浸透させやすくする。育毛業界の常識を覆す 新発想の元に開発された無添加育毛剤です。