育毛大辞典 > シャンプーについて > オーガニックシャンプーとは何か!?

オーガニックシャンプーとは何か!?

ワイナリー

オーガニックと言われると、なんとなく体に良さそう、その程度の認識しかありませんでした。

育毛に良いシャンプーを調べていると、時々、「オーガニックシャンプー」という言葉を見かけます。

良さそうだなあ、と思いつつ、「オーガニック」の基準を全く知らないままではやはりいかんと思いまして、「オーガニック」と「オーガニックシャンプー」について調べてみました。

 

オーガニックとは


オーガニックとは「有機栽培」という意味です。
化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことです。

オーガニックには以下のような基準が定められています。

  • 農薬を使わない
  • 化学肥料は使わない
  • 肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する

さらに、国際基準の資格を持つ第三機関の認証によって初めて本当のオーガニックとして認められ市場流通が可能となります。

認証機関により基準は多少異なりますが、オーガニックの認証を受ける主な基準は、

  • 3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
  • 化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
  • 有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する
  • 遺伝子組み換え原材料は使用しない
  • 放射線照射はしない
  • 合成添加物の使用制限
  • 栽培によって環境を破壊しない 等

日本では、1999年のJAS 法の改正によって、有機農産物が厳密に定義され、登録認定機関による認証を経ないと、「有機」「オーガニック」などと表示できなくなっています。
登録認定機関の認定を受けた農家などが生産したオーガニック農産物にはオーガニックJASマークがつけられ、一目でオーガニック農産物であるかどうかを見分けられるようになっています。

 

オーガニックシャンプーとは

 

上記のことから考えると「オーガニックシャンプー」とは有機栽培でのみ生産された原料を使っているシャンプー、ということになりますが、シャンプーには洗浄、泡立ち、防腐効果等が必要であり、それこそぬかや小麦粉を溶かした汁で洗う方法ではない限り天然素材だけでは不可能だと思うのですが、その辺の基準はどうなっているのでしょうか。

実は、日本ではオーガニックの基準はあっても「オーガニックシャンプー」の基準はありません。

そこはメーカーまかせというのがどうやら現状のようです。

オーガニックにこだわるのですから、洗浄成分もヤシ由来など天然系のマイルドな洗浄成分にこだわっているメーカーもありますが、有機栽培で生産された植物原料が少量配合されているだけの普通のシャンプー、というのも残念ながら多く存在するようです。

ですので、気にするべきは、オーガニックシャンプーのなかのオーガニックの部分ではなく、それ以外の洗浄、泡立ち、防腐成分なんですね。
 
そこがしっかりしていて、かつオーガニックだったらそれは良いシャンプーといっていいのではないでしょうか。

 

以前にも書きましたが、「無添加」にもはっきりとした基準はありません。「自然派~」「天然~」「植物由来~」はなおさらです。

→参照「無添加シャンプーの定義とは!??」

 

 

「オーガニック(有機栽培)」は日本でも海外産野菜の農薬問題、産地偽装問題、原発事故とあり、スーパーでもかなり幅をしめてはきましたが、どうやらまだまだ認知度が低いというかそこまで浸透はしていないようです。

それは「オーガニック○○」と検索すると海外品ばかりが多くヒットすることからもうかがえます。

 

しかし、海外品も国によって基準が違いますし、以前にも日本人が一概に海外品が肌に合うかというと疑問ですので、まずはおなじく洗浄、泡立ち、防腐成分成分をチェックしたほうが良いでしょう。

海外品のほうが強い成分が普通に使用されていることが多いです。

コメント

コメントする