育毛大辞典 > 健康 > 筋トレをするとハゲる!?その噂を検証!

筋トレをするとハゲる!?その噂を検証!

ダンベル

適度な運動は育毛に良いと書いてきた私ですが、ここへきて「筋トレをするとハゲる!」との噂を聞き、少々ビックリしています。

その噂の根拠は何なのか!?そして「筋トレをするとハゲる」というのは本当なのか?

本当だとしたら、筋トレ以外にどんな運動が育毛には良いのでしょうか?

検証してみたいと思います!

 

「筋トレをするとハゲる」という噂の根拠は?

 

筋トレを1回すると男性ホルモンである「テストステロン」が25%増加するそうです。

 
男性型脱毛症(AGA)の原因は、酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモン「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が原因と考えられています。
したがって、「テストステロン」の増加は男性型脱毛症(AGA)の症状を悪化させるのではないか!?ということらしいです。

 
しかし、この情報に医学的根拠を示しているものはありません。あくまで一般人の推測、つまり『噂』の域を出ないようです。

現に、筋トレをしている男性全てが薄毛というわけではなく、筋トレとは無縁の男性も薄毛の人はたくさんいるわけです。

 
が、しかし、こんな説も!

 
筋トレをすると体は普段よりもより多くの栄養素を必要とします。
特に筋肉を補修し、回復させるためにタンパク質は大量に消費されます。

タンパク質は髪にも必要不可欠な栄養素ではありますが、髪の育成と筋肉の修復を天秤にかけると、生命の維持により近いほう、つまり筋肉の修復のほうに優先してタンパク質が使われます。

髪の毛の栄養供給の優先順位は爪などと並んで最低ランクだそうです。

したがって、筋トレをしたらそれに見合うだけの十分なタンパク質と栄養を摂らなければ、髪まで栄養が行き渡らなくなり、結果脱毛に繋がる、ということです。

 
こちらの説は、私が調べてきた育毛情報にも矛盾がなく、納得がいきました。

 

ハゲないための筋トレ法!

 

前述のことを踏まえると、筋トレをしたらそれに見合ったタンパク質、栄養素の補充を行う、ということでしょうか。
ダイエットと筋トレをかねているからといって、食事の中でタンパク質を減らしたりしてはいけないということです。減らすのであれば炭水化物と糖質を減らしてタンパク質とビタミン、ミネラル類はむしろ多めに摂取しましょう。

 

筋トレは育毛に良い!

 

筋トレはまず汗をかくので汗腺や毛穴を刺激します。汗をかくというのは毛細血管も刺激するので体全体、ひいいては頭皮の血流もよくなります。

さらに、筋トレをすると成長ホルモンの分泌が活発になるため、若返り、発毛効果も期待できます。

普段あまり運動をしない人が筋トレをすると慣れるまでは体がとても疲れます。それが熟睡にもつながりますので、育毛に不可欠な質の良い睡眠が得られるということになります。
就寝時間は、成長ホルモンが最も分泌されやすい、夜10時~深夜2時の間が望ましいです。

 

育毛に良いのは「有酸素運動」か「無酸素運動」か!?

 

筋トレは、血液中の糖やグリコーゲンを利用する運動であり、酸素を利用していないため「無酸素運動」に分類されます。
対して、マラソン、ウォーキング、水泳等は酸素を必要とする「有酸素運動」に分類されます。

 
血流改善のためには有酸素運動のほうが効果的であることから、育毛には有酸素運動のほうがすすめられている場合がありますが、私は運動という点では同じと考えています。

 
有酸素運動も無酸素運動も適度にやれば、健康効果は変わらないはずです。

 
しかし、筋トレというものはやりすぎてしまう傾向にあります。
男性は、筋肉が目に見えてついてくると嬉しくなってついついさらにとやってしまいがちです。
そうなると、適度な運動のはずがハードな運動になってしまい、活性酸素を取り込みやすくなります。活性酸素は体を酸化(老化)させる原因となり、そうなると健康と育毛に悪影響を与えかねません。

そういった意味でも、有酸素運動のほうをすすめる記事が多いのだと思います。

 
育毛のための運動にとって、大事なのは、適度に、継続して、必要な栄養素を十分に摂る、この3点ですね!

コメント

コメントを受け付けておりません。