育毛大辞典 > 健康 > はちみつの健康効果!育毛にも効果が!?

はちみつの健康効果!育毛にも効果が!?

はちの巣

相変わらず花粉症なのですが、一時期に比べると私はピークは過ぎたかなという感じです。

花粉症になると困るのが、鼻がつまって口が空いたまま寝てしまう→喉が痛くなるということを毎年やってしまうんですよね。

一時的なものなのでのど飴なんかでどうにかごまかしているんですが、のど飴もさっぱり効かないというときに、はちみつをただ固めたものを勧められました。
のど飴代わりにそれを舐めていたらすごく効いたので、それ以来、喉がイガイガするなというときは、はちみつを固めたもの(最近は大型スーパーでも売ってます)を舐めて凌いでいます。

はちみつは健康にも良いというのは何となくはみなさんも知っていると思いますが、具体的に何が?ということを説明できるほど詳しい人はそこまでいないのではないかと思います。
私もその一人ですので、ここでひとつ調べてみました!育毛にも効果があれば良いのですが、どうでしょうか?

 

はちみつとは


はちみつとは文字通りミツバチが集めた花の蜜です。本来はミツバチの食糧であり、採集し巣で加工し貯蔵したものを人間が食用としています。
数年前に、ミツバチが減少しているという報道を見ましたが、そういえばあれはその後どうなったのでしょうかね。

 

はちみつは人類が初めて使用した甘味料といわれており、イングランド南部では紀元前2500年頃に壺型の土器に蜂蜜が入れられていた痕跡が発見されています。
紀元前15世紀、トトメス3世時代のエジプトの遺跡の壁画には、養蜂とともに蜂蜜入りのパン菓子を作る様子が描かれています。

 

はちみつの栄養素

 

約8割の糖分と約2割の水分によって構成されています。

はちみつの糖分の大部分は、ブドウ糖と果糖です。

ブドウ糖も果糖も炭水化物で脂肪・タンパク質と共に三大栄養素ですが、この様な特徴からブドウ糖・果糖は炭水化物の中で、最も合理的な栄養源であることが明らかです。

ブドウ糖と果糖は単糖類といい、これ以上分解されることのない糖分なので、飲むとすぐに胃腸に吸収されます。
病気で体力が衰えて食欲もない病人にブドウ糖を点滴するのはこの特性を生かしたものです。

 

他にも、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄をはじめ、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールや若返り効果があるといわれているパロチンなど、150を超える成分が含まれています。

 

はちみつの健康効果

 

はちみつは薬としても、古代エジプト、古代ローマで用いられていたという文献が残っています。

 

私が、喉がイガイガするのが治ったと書きましたが、はちみつに含まれているグルコン酸には強い殺菌力があり、呼吸器系細菌の増殖を抑えるため、咳止めに有効に作用するといわれており、痰の切れを良くしてくれるといった効能もあるそうです。

 

他にも、身近なものですと、はちみつは二日酔いにも効果を発揮します。

蜂蜜に含まれる果糖は、肝臓内のアルコール分解を助け、血中のアルコール濃度を下げる働きを持っています。
さらにハチミツに含まれるコリンやパントテン酸には肝臓を強化する作用があります。

 

不眠症にもはちみつが良いそうです。
春は交感神経と副交感神経のバランスが乱れて不眠になりがちですが、そんな方は、はちみつ入りホットミルクが良いそうです。

睡眠をもたらす「セロトニン」という物質の原料となるのは「トリプトファン」という必須アミノ酸です。
この原料「トリプトファン」がたっぷり含まれているのは牛乳なのですが、はちみつに含まれるブドウ糖が牛乳の「トリプトファン」を身体に吸収されるのを助ける効果があります。

 

その他にも、疲労回復、口内炎、やけど、切り傷の治療、便秘解消、下痢解消、動脈硬化予防、に効果があると言われています。

 

はちみつに育毛効果は?

 

はちみつ入り○○というと、女性用の基礎化粧品やパック、リップクリーム等が多く出てきますが、シャンプー、育毛剤もないわけではありません!

 

しかし、やはり生のはちみつでダイレクトに育毛効果はないかと調べてみたのですが、

食べて育毛する方法としては、ゴマ油と一緒に摂る、大豆イソフラボンと一緒に摂る(私のようにトウガラシ成分カプサイシンが刺激が強すぎて苦手と言う方に朗報です!)、アロエ果肉をはちみつにつけこんで食す(アロエの苦みが軽減されて食べやすくなるとのことです)などがありました。

 

直接はちみつを育毛に使用する方法としては、頭皮にパックするようにすりこんで流す、手作り育毛剤にはちみつを混ぜる、普段使っているシャンプーに混ぜる、という方法もありました。

 

何にせよ、健康に悪い情報はほとんど出てきませんでした(1歳未満の乳幼児には与えてはいけないということくらいでした)ので、取り入れて見て悪いものではなさそうです!

そういえば私も、それまで意識してはちみつを食べるなんてことはさっぱりなかったので、喉が不調な時以外も取り入れていこうかと思います。

コメント

コメントを受け付けておりません。