育毛大辞典 > 頭皮について > 頭皮のにおいの原因とは?

頭皮のにおいの原因とは?

においがきになる…

暖かくなってくると、あらゆるもののにおいがいつも私は気になりますね。

電車に乗っているとたまに、普通の人なんですが、うっとくるにおいを発するジャンパーをはおってる人に不運にも遭遇してしまいます(笑)

花粉症で鼻がつまっているときは全然良いのですが、だんだんこれが解消されてくると、冬の間に着たおしたコートやジャンパーがなんかにおうな~と自分でも少し感じています。

実は、冬服のほうが保温性を高めるため風を通さないつくりをしている、コート・セーター等頻繁に洗濯しづらいものが多い、洗濯物が乾きづらいため生乾きになりがち等の理由でにおいやすいんです。それが、少し暖かくなってきていっきににおいだす、ということなのですが。

さて、服のにおいはマメに洗えば良いのですが、頭皮のにおいは同じようにマメに洗えば解消されるのでしょうか?

 

頭皮のにおいの原因とは

 

加齢臭

40代になると、加齢臭というものが男性も女性もついてきます。
加齢臭とは、皮脂の中に、ヘキサデセン酸が増加し、常在菌がヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することで、ノネナールが発生します。
このノネナールが加齢臭を発生させる原因物質です。

加齢臭の原因はこれだけではなく、皮脂の酸化も原因のひとつです。
若いうちは、体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいますが、40代になると体内の抗酸化物質の働きが弱ってきて皮脂の酸化が促進されてしまうのです。

 

頭皮の雑菌

シャンプーを頻繁にしていない人の頭皮が臭うのはもっともとして、毎日シャンプーをしているのににおいが気になる、という場合。

シャンプーの仕方や乾かし方に問題があるのかもしれません。
シャンプーのすすぎ残し、洗い方が雑、逆に洗いすぎて頭皮が乾燥し皮脂が過剰に分泌されている、乾かす時に生乾きのまま寝てしまう、枕カバーをめったに変えない、帽子やヘルメットをずっと同じものを被っている。
これらはどれも、頭皮の雑菌を繁殖させてしまう原因となります。

よく「頭皮が汗くさい」といいますが、汗自体は無臭です。そこに雑菌がついて,、におうまでに繁殖することで初めて悪臭を発するんです。

 

髪のにおい

実は、におっている主な原因は頭皮ではなく髪のほうである場合。

髪の毛は多孔質といって臭いを吸収しやすい性質を持っています。周囲の空気中に漂っている臭い物質を吸収してしまうと、悪臭がするようになります。
髪の角質が傷んでいると、さらにその吸収力は増します。

髪についたにおいはシャンプーであらい流せば落ちるものですが、とくにタバコを吸われる方、ヘビースモーカーな方は常にタバコのにおいが髪についているものと考えてください。

 

頭皮のにおい対策法

 

加齢臭対策
加齢臭の元となるノネナールは、頭皮の表面についています。ノネナールを吸着する効果があるウーロン茶や緑茶、柿の渋、甜茶などを軽くふくませたコットンなどで、やさしく頭皮をふくと効果的です。加齢臭対策シャンプーなんていうのも販売されています。

 

頭皮の雑菌対策
洗いすぎない(1日に何回も洗わない、脱脂力の強いシャンプーを使わない、シャンプーをつけすぎない等)
脱脂力が強すぎるシャンプー
すすぎはしっかりと
生乾きにしない、きちんと乾かす
枕や寝具は清潔に
帽子やヘルメットも清潔に

 

髪のにおい対策
シャンプーした後はタバコを吸わない等

 

生活習慣を整える
これは育毛においても重要なことですが、加齢臭の原因に「皮脂の酸化」がありましたね。
皮脂の酸化は加齢だけでなく、生活習慣、食生活の乱れ、によっても促進されてしまいます。
体調の悪い日に特ににおいがきつく感じる、ということはないでしょうか?これは体内の抗酸化力も弱っているということです。

コメント

コメント(1)

  1. マイナチュレ サプリ on

    身体の中から毛髪ケア

    カラダの内側からの毛髪・頭皮ケア習慣 無添加オールインワンサプリ。美容と健康 血行促進成分も バランスよく配合しました。