育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > フケを抑える方法とは!?

フケを抑える方法とは!?

頭かゆいな…

抜け毛、薄毛と切っても切れない頭皮の異常に、かゆみ、ベタつき、そして、フケがあります。

抜け毛、薄毛に悩む方は少なからず、これら頭皮の、かゆみ、ベタつき、フケという悩みをも持っています。

フケが直接の抜け毛の原因となっている場合もあります。

ですので、逆を言えば、これらの解決法が抜け毛、薄毛の解決法にも繋がっているとも言えるわけです。

 

フケとは

 

まず、フケとは何なのか?

フケとは頭皮の垢です。新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれることにより発生するため、それ自体では病気のために起こるといったものではありません。
多くのフケは頭皮の常在細菌によって分解されてしまうので健康で清潔な頭皮を維持している限り気にならないものなのです。

ですが、きちんと洗髪しているはずなのに、目立ってフケが気になるといった場合はなんらかの対策をとったほうが良いでしょう。

 

フケは大きく分類すると、2種類に分けられます。

脂性フケ
頭皮の皮脂の分泌が多くなることにより角質層が剥がれ落ちて生じるフケ。髪にフケが絡まっているタイプは脂性フケです。
皮脂は、真菌によって脂肪酸へと分解されるが、脂性フケでその過程において皮膚に炎症を起こすと脂漏性皮膚炎という頭皮湿疹となります。
脂漏性皮膚炎は脱毛症の直接の原因となります。

 

乾性フケ
頭皮の皮脂の分泌が少なくなり、肌が乾燥することでダメージを受け生じるフケ。パラパラと肩にフケが落ちるタイプは乾性フケです。

 

フケの原因と対処法

一概にフケの対処法といっても「脂性フケ」と「乾性フケ」では全く対処法が違います。
フケに気をつけているのにまったくフケが治まらないという場合はこの対処法が合っていないという場合が考えられます。

 

脂性フケの原因

脂性フケの原因は、マラセチアという菌が大量に活動しているのが原因です。
マラセチア菌そのものはすべての人の頭皮にいる常在菌なのです。脂分を栄養とする為、汗や皮脂が増えるとそれだけマラセチア菌が増え、脂性フケになります。

皮脂量が増える=マラセチア菌が増えてしまう原因として、

動物性脂肪の摂り過ぎ
ビタミンB1、B6、B12、亜鉛の不足
糖分の摂り過ぎ…砂糖、炭水化物は皮脂コントロールに影響するビタミンBや、マラセチア菌の増殖を抑える亜鉛を浪費します。
シャンプー剤の洗い残し…特にコンディショナーを使っている場合、コンディショナーもシャンプー同様にしっかりと流してください
ブラシや枕などを清潔にしていないこと…マラセチア菌は枕、ブラシなど日常的に使うものに感染っていますので、普段から清潔にしていないと菌の温床となってしまいます。
洗髪後の髪の生乾き

等があげられます。

 

脂性フケの対処法

上記の原因の逆をいけば良いわけです。

動物性脂肪・砂糖・炭水化物を取り過ぎない食事
ビタミンB1、B6、B12、亜鉛を積極的に摂り入れる
シャンプーのすすぎ、髪の乾かし方はシッカリと
枕、ブラシ等は常に清潔なものを

です。

育毛に絡めて言うと、脂性フケタイプの方は通常の洗髪とは別に週1、月1の頭皮クレンジング、ヘッドスパ等をしても有効です。
育毛剤を使う場合は殺菌効果を重視したものが良いです。

 

乾性フケの原因

乾性フケの原因は頭皮の乾燥です。皮脂は肌の水分の蒸発を防ぐ「蓋の役割」をしています。したがって、皮脂の分泌が少なくなると水分が蒸発し頭皮が乾燥します。

頭皮の乾燥の原因として、内的要因と外的要因があり、

内的要因としては、

ビタミン(特にビタミンA、C)の不足
頭皮の血行不良

外的要因としては、

気候による影響…冬は乾燥し、寒さで血行も悪くなります
洗髪のしすぎ
パーマ、カラーリングによる影響…パーマ液やカラーリング剤の成分による頭皮の炎症の可能性

等があげられます。

 

乾性フケの対処法

乾性フケの対処法は、

ビタミン(特にビタミンA、C)を意識して摂り入れる
頭皮の血行を良くする
洗髪のしすぎ(1日に何回も洗髪をしている、洗髪時間が長い、熱い湯ですすいでいる等)に注意する
パーマ・カラーリングはできるだけしない

です。また、育毛に絡めて言えば、トニック系のアルコール成分配合のスッキリするものよりも、保湿・血行促進効果の高い育毛剤を使用したほうが良いでしょう。
洗髪後にトリートメント代わりにホホバオイル、椿油を少量頭皮と髪にすりこみ、蒸しタオルで5~10分蒸らし保湿をするのもありだと思います。

コメント

コメントを受け付けておりません。