育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 頭皮のかゆみ、頭皮湿疹とは!?

頭皮のかゆみ、頭皮湿疹とは!?

毛づくろいするネコ

頭皮がかゆい、そういった場合、それは単なるかゆみではなく、「頭皮湿疹」であるかもしれません。

最近、治療薬のCMも一部では流れており、名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。実は私も一時期頭皮のかゆみに悩まされその頭皮湿疹治療薬を買おうとしていました。ですが、探すのが面倒だと思っているうちに治ってしまい結局買うにはいたりませんでした。

しかし、長期的に頭皮のかゆみに悩まされているという方は、単なるかゆみではなく、「頭皮湿疹」の疑いがありです!

 

頭皮湿疹とは

 

頭皮湿疹とは、頭皮の部位に湿疹などが生じる疾患のことです。生え際に症状が出る事が多いと言われています。

症状としては、痛むわけではないけれどもむずむずとしてじっとしていられないようなかゆみが特徴です。
そして、私もそうだったのですが、ついかきむしってしまう。そうすると乾いたフケ状の頭皮が剥がれます。一時はそれでスッキリするのですが、かきむしったことにより頭皮が傷ついており、それが治りかけにまたかゆみを生じてかきむしってしまいなかなか治らない、という悪循環に陥っていました。

 

頭皮湿疹の原因とは

 

頭皮湿疹の原因は一概にこれ!と断定はできません。いくつかの要因が重なって発症するものとされています。
ですので、人によっては病院へ通っても原因が特定されず治療が長引いてしまうというケースもあるようです。

病院で頭皮湿疹と診断される人に最も多くみられるのが「脂漏性湿疹」です。
脂漏性湿疹の原因は脂漏性皮膚炎であり、脂漏性皮膚炎とは、頭皮に皮脂が過剰分泌し頭皮が細菌の温床となり湿疹、かゆみを伴う皮膚炎です。

 

頭皮湿疹の原因はいくつかの要因が重なっていると書きましたが、これらの根本の原因として、必ずと言っていいほど含まれているのが、

 

頭皮を清潔にしていないこと
例え毎日洗っていても、洗い方が雑であったり、すすぎが不十分、乾かし方が不十分、というのもこれに含まれます。

 

シャンプー剤などの刺激
シャンプーを変えたらかゆみがでた、かゆみがひどくなった、という経験はないでしょうか。もしくは私のようにシャンプーを変えたらかゆみが治まったというケース。
これは明らかにシャンプー剤の刺激、アレルギーによるものです。
また、シャンプーの頻度が多い、1度に使う量が多く泡立たないまま頭皮に付着してすすいでも残っていてかゆみ、かぶれを起こしているといった場合も考えられます。

 

頭皮湿疹の対処法

 

かゆみがひどくて日常生活にも支障をきたすほどに酷い場合はすぐに皮膚科へ行かれることをおすすめいたします。

 

私のように時々ぶりかえしたようにかゆくなる程度の症状の場合、やはり一番はお使いのシャンプーを変えてみることをおすすめします。
まずは、ドラッグストアシャンプーを卒業したほうが良い、と私は考えています。
ドラッグストアシャンプーの大半は「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」という洗浄成分が主です。これらは刺激が強いため、避けたほうがよいでしょう。

→参照「髪に悪いと言われているシャンプー成分とは!?」

 

弱酸性、低刺激のアミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプーがおすすめです。

これらは主にインターネット通販、一部の大型量販店等で販売されています。値段は少々張りますが、やはり全然違います。
私はアミノ酸シャンプーを使用してから、まだ残っているのでもったいない…と一度以前使っていたドラッグストアシャンプーを使ったらまんまとかゆみがぶり返しました。結局以前のシャンプーはもったいないですが、捨ててしまいました。

 

私が購入しようか迷っていた市販の頭皮湿疹治療薬ですが、使用したことのある方のブログなどを見ると、どうもあまり効果はないようです。
そのブログの方もシャンプーを変えたほうがよっぽどかゆみが治まったと書いていました。

コメント

コメント(1)

  1. リマーユヘアシャンプー on

    馬油で洗うシャンプー

    アミノ酸系の洗浄成分と馬油の相乗効果で 頭皮がスッキリ健康に。フケ・かゆみの悩みも解消です。

    返信

コメントする