育毛大辞典 > 健康 > アレルギー > このアレルギーの人は気をつけたい育毛剤・育毛サプリメントの成分!

このアレルギーの人は気をつけたい育毛剤・育毛サプリメントの成分!

ん!?

以前に、シャンプーで起こりやすいアレルギーの成分について書きました。

→参照「シャンプーで起こりやすいアレルギーの成分とは!?」

今回は、その中でももう少し具体的に、育毛剤や育毛サプリメントによく含まれている成分の中で、○○アレルギーの人がアレルギーを起こしやすい成分名をあげていきたいと思います!

 

アレルギーに気をつけたい育毛剤・育毛サプリメントに含まれる成分

 

エタノール

 
エタノールとは単純に言うとアルコールのことです。
育毛剤には大抵含まれているといっていい成分です。
高い抗菌効果を発揮し、頭皮環境を清潔な状態に導きます。使用感は刺激性がありサッパリとした清涼感があるのが特徴です。
それだけでなく、製造過程において、他の有効成分を溶かして混ぜる用途として、エタノールがベースになることが多い為です。

しかし、エタノールは刺激性が強いので、人によってはアレルギーを起こす恐れが考えられます。
特に、防腐剤フリーの製品には防腐剤の代わりに防腐効果の高いエタノールやアルコール系成分の配合量を多くしている場合が考えられます。

 

カモミールローマン、シトロネラなどのキク科、イネ科のハーブ

 
カモミールローマンはキク科のハーブ成分
シトロネラはイネ科のハーブ成分
です。

これらは、花粉症で、キク科、イネ科の植物にアレルギーを持っている人ですと、同様のアレルギー症状を起こす場合があります。

同様に、セリ科アレルギーの方はフェンネルというセリ科のハーブでアレルギーが起こる場合があります。

 

ヒノキチオール

 
同じく、育毛剤にはよく配合されている成分です。
ヒノキチオールは優れた殺菌・抗菌効果があるとされています。

同じく、ヒノキ花粉のアレルギーがある人には合わないと言われていますが、こちらには両論があります。
前者のキク科等の薬草系ハーブと違って、樹木のエキスであるヒノキチオール自体にはヒノキ花粉は含まれていないため、ヒノキ花粉アレルギーの人でも大丈夫だという場合。メーカーのサイトの説明ではこちらが多いですし、実際、使用しても大丈夫だったという個人の感想もあります。

半面、実際にヒノキチール配合の育毛剤、化粧品を使ってかゆみ、腫れ、等アレルギーが出たという感想もありました。

 

大豆

 
育毛サプリメントに大抵の場合含まれているのが「大豆イソフラボン」です。
大豆アレルギー、穀物アレルギーが分かっている方は避けていただきたいのですが、気をつけたいのが、サプリメントなどで過剰摂取となり、大豆アレルギーを発症してしまうケースです。

大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量の目安として、

大豆イソフラボンアグリコンとして70mg~75mg
特定保健用食品(トクホ)として食品に上乗せする場合は30mg

を安全な摂取量の上限値として設定されています。

豆腐半丁(約100g)で大豆イソフラボンが、約 51mg 摂取できます。

つまり、毎食豆腐半丁プラスイソフラボンサプリメントもきっちり毎食となると、過剰摂取となってしまいます。
過剰摂取をしたからといって、必ずしもアレルギーを発症するわけではありませんが、発症しないという確証もありません。発症してからではつらいので、過剰摂取となるような極端な摂取は避け、あくまで毎食のバランスを重視した食生活を心がけましょう。

 

全てにおいて、アレルギーかどうかの疑いは、そのものを使用、服用してすぐに、もしくは服用の場合、大体2時間くらいしてかゆみや湿疹、皮膚の腫れ等の症状が出るかどうか、で判断してみてください。

 

自分が何に対するアレルギーであるかは、病院で検査をしないと分かりませんが、友人に聞いた話では、今時はアレルギー検査も細かく分かれているそうです。
つまり、全体的に調べて何のアレルギーかを判断するのではなく、スギ花粉、大豆、等ひとつひとつに対してアレルギーがあるか調べていくとのことです。ひとつの検査につき3000円程度と高額だったと言っていました。ですので、自身で何のアレルギーなのか目星をつけてからいくことをおすすめします。

コメント

コメントを受け付けておりません。