育毛大辞典 > 健康 > 頭皮の臭いの原因は加齢臭かも知れない!?

頭皮の臭いの原因は加齢臭かも知れない!?

臭うかな…

そろそろ私も気にしなくていけないのか…と思っているのが「加齢臭」です。

自らの「加齢臭」は、臭いに敏感で気づく人もいますが、自分の臭いですから、自分では全く自覚していないという場合もあるようです。

ですから、もし仮に、家族や親しい友人等に頭皮が臭うと言われて、シャンプーの仕方が悪いのか?等いろいろと考え、いつもよりしっかり洗うようにしてみたりしてもなかなか解消されない場合、その頭皮の臭いの原因は「加齢臭」であるかもしれません。

とくに、我々30代後半、40代に足をかけた世代には、「加齢臭」とは何か!?は最低限知っておきたいですね。

 

加齢臭とは

 

加齢臭とは皮脂から発生する臭いのことです。
臭いの主な原因はノネナールという体臭成分です。ノネナールは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が分解されることで発生します。
40代になると、男性も女性も皮脂の中に、20代の頃にはなかったヘキサデセン酸が増加してきます。
この、増加したヘキサデセン酸をノネナールが大量に分解する際に発生する臭いが「加齢臭」ということです。

そして、頭皮は体の中で最も皮脂の分泌の多い部分です。
加齢臭は体臭だと思われていますが、原因の半分は頭皮からの臭いもあるんです。
男性の方が加齢臭が強いのは、皮脂量が女性よりも多いからです。

 

また、体調の優れない時、疲れている時に臭いがきつくなる、というのは、皮脂の酸化も原因として考えられます。
若いうちは体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいるのですが、40歳過ぎると体内の抗酸化物質の働きが弱ってきます。
皮脂が酸化すると、動物性蛋白質が腐ったような臭いが発生します。
なので、体調の優れない時、疲れている時は特にこの働きが弱まり臭いがきつくなる原因となります。

 

頭皮の加齢臭対策

 

頭皮を清潔に保つ

頭皮を清潔に保つ、というのはしっかり丁寧にシャンプーをするということです。

ここで気をつけていただきたいのが、シャンプー剤をたくさん使う、熱い湯で長くすすぐというのはNGです。
皮脂を取り過ぎてしまうと、皮脂は頭皮の乾燥を補おうと余計に大量に皮脂を分泌してしまいますので、逆効果となってしまいます。

→参照「正しいシャンプーの仕方!」

 

ノネナール対策をする

加齢臭の元となるノネナールは、頭皮の表面についています。
ノネナールを吸着する効果があるウーロン茶や緑茶、柿の渋、甜茶などを軽くふくませた布などで、やさしく頭皮をふくと効果的です。
加齢臭対策の成分が配合されているシャンプーを使うのも良いと思います。

アルコールなどは殺菌効果は高いのですが、必要な常在菌まで殺菌してしまうので使わないようにして下さい。

 

生活習慣を整える

若いころは多少無理のきいたことでも、やはり加齢には勝てません(泣)
食生活、運動、睡眠に気を使い、疲れや体調不良は引きずらないようにしましょう!

特に私は、年を重ねると疲労回復には質の良い睡眠が重要だと実感しています。

コメント

コメント(2)

  1. マイナチュレ サプリ on

    身体の中から毛髪ケア

    カラダの内側からの毛髪・頭皮ケア習慣 無添加オールインワンサプリ。美容と健康 血行促進成分も バランスよく配合しました。

  2. AGICA(アジカ) on

    加齢臭を強力に撃退

    加齢臭対策・消臭予防なら、ニオイ対策石鹸 AGICA(アジカ) 。体臭の予防だけでなく、洗った後のお肌を爽やかに、清潔にしてくれます。