育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 髪と頭皮の日焼け対策法!

髪と頭皮の日焼け対策法!

快晴の空と橋
この季節から8月に向かって紫外線量は年間を通じてピークに達します。

抜け毛の季節と言われる秋に健康な髪と頭皮を維持するためにも、
まだ早いとは言わず、今から髪と頭皮の日焼け対策をしていきましょう!

 

春~夏の日焼けが秋の抜け毛に影響する!


気温が高くなると、肌同様頭皮も、汗や皮脂の分泌が活発になります。頭皮は皮脂でちょうどサンオイルを塗った様な状態になり、普段より日焼けしやすくなっています。

また、紫外線のダメージは、コラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊するため、頭皮の弾力がなくなり硬くなる=頭皮の老化も進行させ、髪の成長を妨げる原因ともなります。

ヘアカラーで脱色した髪やメラニン色素が減少した白髪は、紫外線の影響をさらに受けやすいです。

これらのダメージを全くケアしないまま秋を迎えると…

どうなるかお分かりですね…抜け毛が進行してしまうんです!

 

髪と頭皮が日焼けするとどんな状態になるか?

 

髪と頭皮が日焼けをすると、先にも挙げた、頭皮の老化、乾燥、髪がパサつく、頭皮が赤くなり河がむける、人によっては大きなフケが出るなどの症状があります。

 

髪と頭皮の日焼け対策法

 

日傘や防止を活用する

頭皮用日焼け止めを使う

これらの方法は以前書きましたので、参考にしていただければと思います。

→参照「薄毛に大敵!頭皮の日焼けにご用心!」

 

分け目を時々変える

髪を分けているかた、1日屋外に出ずっぱりで頭皮が日焼けしてしまう以外に、日常生活で外へでることが多い方はいつも同じ分け目ですと、そこだけが日に焼けでしまいます。
分け目から薄毛になっていくパターンも非常に多いです。時々は分け目を変えることを心がけましょう。

 

日焼けしてしまったら直ぐに冷やす

肌とまったく一緒です。冷水シャワーはまだ季節的に寒いので、冷水に浸したタオルを頭にのせて、頭皮の熱をとりましょう。
また、その日は、熱いシャワーでの洗髪や頭皮マッサージは無理にせず、炎症が治まるのを待ちましょう。

 

育毛剤を活用する

日焼けした頭皮は乾燥、栄養不足状態です。保湿型のベタつきの少ない育毛剤で頭皮に栄養を補給することも大切です!

ただし、ひどい日焼けをしてしまって、育毛剤が染みると感じる日は、炎症が治まるまで使用を中止しましょう。

髪のパサつきのダメージが酷い場合は、コンディショナーを使用する、もしくはあえてのシリコン入りシャンプーも有効だと私は思います。

なぜなら、髪のキューティクルを保護するにはやはりシリコンが最も優れているという理由からです。

コメント

コメント(2)

  1. マイナチュレ サプリ on

    身体の中から毛髪ケア

    カラダの内側からの毛髪・頭皮ケア習慣 無添加オールインワンサプリ。美容と健康 血行促進成分も バランスよく配合しました。

  2. リマーユヘアシャンプー on

    馬油で洗うシャンプー

    アミノ酸系の洗浄成分と馬油の相乗効果で 頭皮がスッキリ健康に。フケ・かゆみの悩みも解消です。