育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い生活習慣 > 胃腸を丈夫にする方法!

胃腸を丈夫にする方法!

トンテキ
今回は、直接育毛に関係ないようでいて、しかし、大いに関係あることです!

せっかくの育毛に良い栄養素を摂ったとしても、胃腸が丈夫でなければ結局十分に栄養が吸収されないということです。

私も割と胃は弱いほうです。薄毛の方には意外と胃腸があまり丈夫ではない、という方が多いのではないかと、最近感じています。

育毛には体質改善が一番!体質改善にプラス育毛剤などのケアをする、という方法がベスト!と考える私としては、胃腸を丈夫にする方法も立派な育毛法なんです!

 

胃腸を丈夫にする方法


 

食事の間隔を空け過ぎない!

空腹が長時間続くと胃液の分泌が高まり、胃粘膜を刺激します。
特に朝は胃液の分泌が高まるため、朝食を摂らないと、胃液は直接胃粘膜に接触してしまいます。
朝、胃がキリキリと痛む方は、朝食を摂った方が良いということです。
食欲がない場合は、常温の水をコップ1杯だけでも飲むと胃液が薄まります。冷たい水ではなく常温の、ということをお忘れなく!
起床中は、5~6時間の間隔を空けて食事を摂る事がベストです!

 

食べ過ぎない!

腹八分目を常に心かけましょう。
満腹まで食べると、胃壁が極端に拡張され、胃の筋力が低下し、胃液と食物がよく混ざらないまま十二指腸に送られます。
そうなると、消化のためにより多くの胆汁や膵液が必要となり、胃腸に大きな負担をかけます。
それでも消化しきれないとなると下痢となります。

満腹感を得るためには、よく噛んで食べる、ということが大切です。
よく噛むと唾液と食物が混ざり消化吸収もしやすくなります。

 

食後は休憩をする!

出先でさっとラーメンをかきこんですぐに出る。営業職ならありがちなことですが、できれば、食後30分は休憩を摂ることが胃腸のためには良いです。
胃が消化活動を行うためには十分な血液が必要です。
食後すぐに動くと、消化のために使われるはずの血液が手足など他の器官にいってしまい、消化不良や腹痛が起こりやすくなります。

 

胃腸を冷やさないようにする!

男性にも隠れ冷え性というものがあります。

→参照「冬の抜け毛対策!自覚症状のない男の冷え性が抜け毛を招く!」

体が冷える、体温が低下すると、血行が悪くなり、内臓機能も低下してしまいます。
これから夏に向けて冷たい飲み物、冷たいビールをたくさん飲みたいところですが、胃腸を丈夫にする生活のためには、常温か温かい飲み物を摂るように心がけましょう。

テレビで見たのですが。ご長寿にかたは一様に胃が丈夫であります。
きんさんぎんさんは、冷たいものを飲まず、また、お茶も嫌いだったようで、常に温かいお湯を摂っていたそうです。

温かい飲み物を飲む他には、運動をする、冷えのひどいときはカイロや腹巻で温めるというのも効果的です。

コメント

コメントを受け付けておりません。