育毛大辞典 > 髪について > 髪のパサつきの原因とは?髪のハリ・コシを取り戻す方法!

髪のパサつきの原因とは?髪のハリ・コシを取り戻す方法!

子供の髪にはハリ・コシがあっていいなあ…
よく、「髪にハリ・コシがなくなった」、もしくは、育毛剤や育毛シャンプーを使用して「髪にハリ・コシが出てきた」等とききますが、髪のハリ・コシとは一体何で決まるのでしょうか?

育毛剤や育毛シャンプーの一体何が効いて髪のハリ・コシが取り戻せたのでしょうか??

髪のパサつきは、薄毛の前兆、なんて恐ろしい声もあります!

髪のパサつきの原因、髪のハリ・コシを取り戻す方法、そこが明確になれば、より良い育毛法にも繋がるのではないでしょうか?

 

髪のハリ・コシとは


 

髪のハリ・コシとは何でしょうか?

分かりやすくいうと、子供の髪を見てもらうと、ツヤがあって生き生きして見えますよね。アレです!

一方、中年以降の髪には何となくツヤがない、ペタっとしている、あるいは、量が多いというわけではないのにまとまらずにボサっとしたかんじに広がっている。

これを「髪にハリ・コシがない」状態と言います。

髪のハリ・コシは、髪の内部の水分量が大きく関わっています。髪の水分は通常であれば、11~16%程度です。

髪が必要な水分を十分に蓄え保てている状態であれば、髪にハリ・コシがもたらされるというわけです。
水分を十分に蓄え保てている髪というのは、髪の表面を覆うキューティクルが整っていて、髪の1本1本がしっかりしている健康な髪、ということです。

 

髪のパサつきの原因と髪のハリ・コシを取り戻す方法!

 

加齢
年をとると皮膚同様、髪も水分を保てなくなりカサつきがおこります。
また、老化現象により、この細胞の働きが衰え、元気な髪の生まれ変わりがされなくなってしまうのです。
男女ともに、ホルモン分泌の衰える40代以降、若い頃に比べ多少髪のハリ・コシがなくなっていくのは仕方のないことといえます。
ですが、適度な運動で筋肉をつけ、新陳代謝を活発にし、抗酸化作用を高めることで老化防止(アンチエイジング)は可能です!体を若々しくすることが髪のハリ・コシにも繋がります。

 

栄養不足・頭皮の血行不良
まだ40代にはなっていないのに。あるいは40代でも周りと比べ髪のハリ・コシがなく、明らかに髪の老化が著しい!
そんな風に感じている方は、普段の食生活を見直してみましょう。
体の中で髪に栄養が回ってくるのは最後と言われています。全身に十分な栄養が行き渡っていないと髪にまで栄養が回ってこず、スカスカな髪になってしまいます。
特に髪に必要な栄養素、 たんぱく質・ビタミン・ミネラルはバランス良く日々の食事にとりいれましょう。

 

パーマ・カラーによる髪のダメージ
パーマとカラーは薬剤で無理やり髪のキューティクルをこじあけていますので、髪のダメージは大きいです。
一度でもパーマ・カラーをしたことがある方は分かると思いますが、パーマ・カラーをした直後よりも数か月経った後のほうが髪のダメージがすすみ、パサパサになっています。
一番良いのはパーマ・カラーをしないことですが、オシャレをしたい方は、ダメージの少ないパーマ・カラーにする(となると費用はかかってしまいますが…)パーマとカラーは同時に行わない、最低3カ月は間隔を空ける等の対処をしましょう。

 

紫外線による髪のダメージ
髪の内側よりも外側のほうが、紫外線によるダメージを大きく受けています。

毛髪は主にタンパク質でできています。タンパク質というのは、アミノ酸のシスティン結合により構成されています。
紫外線を受けることにより、この結合が分解してしまうのです。その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアの原因となります。
また、紫外線は毛髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これが毛髪の退色で、赤茶っぽく、まさに“焼けたような色”になってしまうのです。

帽子や日傘、あるいは髪、頭皮用の日焼け止めを使うことも有効です!

 

ドライヤーあるいは自然乾燥による髪のダメージ
ドライヤーの熱をあてすぎることによるダメージ、乾かし過ぎによる髪の乾燥。
あるいは自然乾燥のまま寝てします等で髪が擦れキューティクルを傷つけ、ダメージになっている場合です。
キューティクルの傷ついた髪は水分を十分に保てず隙間から水分が抜けていきますから、当然、翌朝はパサパサ、寝癖になってしまいます。

オススメは8割ドライヤー、2割自然乾燥できちんと乾かしてから就寝することです。

コメント

コメント(2)

  1. リマーユヘアシャンプー on

    馬油で洗うシャンプー

    アミノ酸系の洗浄成分と馬油の相乗効果で 頭皮がスッキリ健康に。フケ・かゆみの悩みも解消です。

  2. Raffi(ラフィー)髪のトリートメント on

    傷んだ髪をやさしくケア

    髪のダメージ パサつき ゴワゴ 広がり・・・・などの悩みに。しっとりタイプと ツヤサラタイプ。髪質に合わせて選べる髪の美容液です。