育毛大辞典 > 健康 > 育毛だけじゃない!炭酸水の健康効果!

育毛だけじゃない!炭酸水の健康効果!

スパークリングウォーター
育毛に炭酸水が良いらしいということは知っていたのですが、どうやら、育毛以外でも「炭酸水」はブームになりつつあるらしいです。

どうりで先日スーパーで水を買おうとしたら炭酸水の種類がやたら増えていたわけです。

自分の記憶では、一昔前までは炭酸水といえば、酒を割るものか、甘いジュースの炭酸飲料か、ヨーロッパ旅行の注意事項(余談ですが、イタリア等では水を注文するときガス入りかガスなしか選んで注文しないといけないと昔友人に聞いたような。)くらいでしかなかったと思うのですが、いつのまに!という感です。

日本人は殊更海外初の流行りもんに弱いですね。と、いいつつ私も炭酸水の健康効果には興味津々ですが(笑)

育毛だけじゃない、炭酸水の健康効果とはいかに!?

 

炭酸水の健康効果


 

血行促進効果

 

炭酸水の中の二酸化炭素が体内に入り、血管内に吸収されると、血管に入った二酸化炭素は、酸素と結合していた血液中のヘモグロビン(赤血球中のタンパク質)と結びつき、そのため酸素はヘモグロビンと離れます。
離された酸素は、細胞の隅々まで行き渡ろうとし、血管が拡がり血液の流れが盛んになってきます。
さらに、血管に入り込んだ二酸化炭素が増えると、血液中の酸素が不足状態に陥ってしまい、二酸化炭素を押し出そうとする動きと、不足した酸素を取り込もうとする動きで、血流は活発化するようになります。

血液の循環が活発になると、血液は細胞の隅々まで、酸素や栄養を運ぶようになるのです。
それまで体の中で滞っていた機能により、いろいろな症状の形で現れていた疾患が、血行が促進されるようになることで治癒されるそうです。

血流がスムーズになり、血管内の老廃物が流されるようになり、細胞に酸素や栄養が行き渡るようになって、体の疾患が回復・改善に至るというわけです。

 

水やお湯に溶け込んだ二酸化炭素は、体内からでも皮膚からでも、毛細血管や細動脈に入り込むと言われています。
したがって、この効果は、飲料だけでなく、炭酸泉の温泉につかる、炭酸水で頭皮や肌を洗っても同じ効果が得られます。
炭酸ガスにより血行が促進され、体内の老廃物の排出が早まるため、デトックス効果も期待されます。

 

疲労回復効果

 

疲れを感じている時、人の体には疲労物質である尿酸がたまっている状態です。
炭酸水に含まれている重炭酸はこの尿酸と結びつき、体外に排出することによって疲労回復に繋がります。

 

便秘解消効果

 

炭酸が体内に入ることで、炭酸によって胃の粘膜が刺激されてぜん動運動が起こり、さらに腸の動きも活発化し、便秘や消化不良の解消作用があります。

 

美肌効果

 

炭酸水は素肌に良いとされている弱酸性で抗菌作用を持っているので、肌を痛めずに細菌を抑制してくれます。
酸素の25倍もの透過性をもち肌によく浸透して、毛穴に詰まった汚れをすっきりと取り除いてくれるようです。

 

育毛効果

 
育毛効果については過去の日記を参照してください。

→参照「炭酸水で洗髪すると育毛効果がアップする!?」

→参照「薄毛男性はヘッドスパへ行こう!」

 

炭酸水で健康効果を得たいときの注意点

 

何でも過ぎたるは及ばざるがごとしです。炭酸水が健康に良いからと言って飲料水から、洗顔、風呂まで全てを炭酸水に置き換えるというのはどうだろうか。
こんな注意喚起も見かけましたので、記載しておきます。

 

人間の体は弱酸性です。そして炭酸水もわずかですが酸性を示しています。当然、毎日大量に飲み続ける、あるいは肌から摂取し続ければ、体が酸性に傾くこともあります。
体が酸性に傾くと、逆に新陳代謝が衰え、体は疲れやすくなります。

 

また、「ダイエットに炭酸水が良い」と若い女性の間で流行っているようですが、炭酸水でダイエット効果を出すためにもいくつか守らなければならない条件があります。
食前に、常温で、500mlを飲む。ということです。
これは食事前に炭酸水を飲んで満腹感を与えて、自然と食事の量を減らすものらしいのですが、300ml程度の炭酸水では逆に胃の活動を活性化し食欲を増進してしまいます。食前酒、乾杯のビールと同じ原理です。
また、常温ではけっこう厳しいと思うのですが、500mlを一気に飲むのですから、常温でないとハラが冷えます。体は冷えると免疫力の低下、新陳代謝の低下を招きますので宜しくないのです。
当然ですが、「ダイエットに炭酸水が良い」といったからといってコーラなどの甘いジュース類で代用するのもNGですよ!

コメント

コメントを受け付けておりません。