育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 育毛シャンプーに含まれる香料の危険性は!?

育毛シャンプーに含まれる香料の危険性は!?

バラと見せかけてこれは入浴剤です

私の周囲では、「シャンプーはある程度良い香りがしないと洗った気がしないので嫌だ」派と「あの人工的な香りが苦手なのでシャンプーは出来るだけ香りがしないほうが良い」派にまっぷたつに分かれています。

私としては、洗髪時に多少いい香りがして、洗髪後は残らない程度の香りが好きです。

シャンプーの香りは大体の場合が「香料」で香りづけされています。
ですが、昨今のちょっとお高いシャンプーや、育毛シャンプーでは「無香料」というものが増えています。(これはシャンプーに限らず世の中の流れとしてそうした製品は増えてきています)

これは、何故なのか!?単純に「香料=体に良くない」という流れでしょうか?だとしたらその根拠は!?
本当に体には良くないのでしょうか!?それとも、「シリコン=体に良くない」というようなあまり根拠のないものなのでしょうか?
気になったので、調べてみました!

 

香料とは

 

まず、一言に香料と言ってもいくつか種類があります。

 

天然香料
天然香料のほとんどは植物より抽出された精油や樹脂です。
ジャコウジカから摂れる「ムスク」等の動物性の天然香料もありますが、近年は、それらを産出する動物の個体数が減少、保護されているため、現在では合成香料によって代替され、ほとんど用いられていません。
植物由来の天然香料の問題点は、農産物の量に対して含まれる香料の量はわずかであるので高価であること、産地やその年の気候により品質が一定しないことや価格変動が大きいことがあげられます。

 

合成香料
合成香料は天然香料中の成分や、あるいは天然には存在しないが香料として有効な化合物を化学的に合成したものです。
単一の化合物からなることから調合香料に対して単品香料(たんぴんこうりょう)、あるいは化学的に合成されることからアロマケミカルと呼ばれることもある。

 

そして、一般的に「香料」と言われるものはこの天然香料と合成香料を多数調合して作られる「調合香料」です。

 

食品に香りと味の一部を付与する「フレーバー」
食品以外のものに香りを付ける「フレグランス」と大別されます。

シャンプーに配合されるのは「フレグランス」ということになります。

 

シャンプーに含まれる香料の役割とは

 

第一には、もちろん、購入者に好まれるいい香りにするため。

第二には、原材料の臭いを消すため。

です。

日本における平安時代の香や中世フランスでの香水文化が発達した背景には、臭い消しの役割が大きいと言われています。
嫌な臭いは、いい臭いで消す!消臭グッズが発達した現代でもやはりこれに勝る方法はありませんね。

世の中、まったく無味無臭のものを探すほうが難しいです。「無香料」と書かれていてもかすかに何らかの香りがするのは、原材料の臭いがあるからです。

 

シャンプーに含まれる香料の危険性は

 

芳香剤の化学合成香料はオイゲノール、イソオイゲノール、桂皮アルコール、桂皮アルデヒト、安息香酸などの化学合成芳香剤です。
これらの化学合成芳香剤は皮膚から吸収されてアレルギー反応を起こすことがあると言われています。
化粧品かぶれの原因で香料の占める割合は非常に高く、有力なアレルギーの原因だと言う人もいます。

合成香料を一概に危険だと言い切る事も出来ませんし、逆に天然香料を天然から採れるものだから大丈夫と言い切る事は出来ないようです。

成分表示で「香料」が「香料」とだけ表示されその中身を表示しないのには、多くの香料が単独の物質では作られず、一つの香りを作るのに何種類もの化学物質を調合して作ります。
なかには500種類はくだらないとも言われ、香料には規制も無く、全てを表示しきれないため、香料とだけ掲載されています。

つまり、成分表示を見ても「香料」の中身は分からない、ということです。

「香料」が危険だ!という記事は大量に読んだのですが、確たる証拠は残念ながら私のような素人では判断しかねました。
しかし、何が配合されているか分からないものを使うくらいなら、香料入りは避けたい、とは思いました。

確かにいつまでも強く良い香りが残っているなんてのは自然界ではいたって不自然なことです。

コメント

コメントを受け付けておりません。