育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 医薬部外品のメリット・デメリット

医薬部外品のメリット・デメリット

子ネコ

医薬部外品、いわゆる「薬用」商品にはメリットこそあれデメリットなぞあるのでしょうか!?

「医薬部外品」といわれると何となく良さそうと思ってそちらを選んで購入している方は多くいると思います。広告にもはっきりとその効果が書かれていますし。

しかし、実はそうではない場合もあるようです。

先日、それについての興味深い話のネタを仕入れましたので、本日は、育毛関連商品の医薬部外品のメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

 

まず、医薬部外品とは


「医薬部外品」とは、日本のみに存在する独自の定義であり、一般的に「医薬品」と「化粧品」の中間の存在であると言われています。

医薬部外品とは薬事法により定められた以下の目的のためのもので、体に対する作用がおだやかで、機械器具等でないものとされています。

 

薬事法第2条第2項

  1. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
  4. 人又は動物の保健のためにする、ねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

 

→参照「シャンプーの分類「化粧品」か「医薬部外品」か!?」

 

医薬部外品のメリット

 

医薬部外品は、その効果が認められた成分を配合し、国の認可を受けています。
医薬部外品商品の成分表示を見ると必ず「有効成分○○」とかかれています。つまり、穏やかながら一定の効果がある、と国から認められているということです。

 

薬事法での広告表現も、医薬部外品であれば、例えば、育毛関連商品であれば、育毛、抜け毛予防等をはっきりとうたえます。
化粧品の場合、許される広告表現は、ハリ・コシを与える、健やかに保つ止まりです。
しかしながら、厳密に薬事法の広告表現が守られている例は少ない、というのが現実です。かなり大手の企業でも薬事法の広告表現を把握せず、指導を受け広告を変更するということもよくある話です。

 

医薬部外品のデメリット

 

医薬部外品ではない育毛シャンプーと医薬部外品の育毛シャンプーを比較していてあることに気づきました。
それは、医薬部外品の有効成分とされている成分が医薬部外品ではない育毛シャンプーにも配合されているという点です。
医薬部外品に使われる有効成分は医薬部外品にしか配合してはいけない、というわけではないんです。

医薬部外品の原料は、基本的に「医薬部外品原料規格2006」に記載されているものに限られています。化粧品会社が独自に使用権を持っている成分などは申請して承認を得ないかぎり配合できません。
医薬部外品の場合、配合できる有効成分の数(確か1商品に3種類までと聞いています)と配合量も厳密に定められています。

しかし、化粧品類であれば、その規制はありません。つまり有効成分を何種類も、あるいは量を多く配合することが可能です。
ですので、場合によっては、医薬部外品よりも優れたものが製造できる、と言えます。

 

医薬品と化粧品の違いは、内容の違いではなく、申請をして認可されたかどうかだけの違い、という人もいます。
医薬部外品の申請~認可までは少なくとも1年以上はかかりますし、費用もかかります。

 

医薬部外品の全成分表示は義務ではないと以前書きましたが、どうやら今は全成分表示に切り替わっているようです。
しかし、それはあくまで、自主的な流れ、であり、やはり法律で規制されている義務ではないようです。
そして全成分の記載は化粧品のように配合量の多い順、ではなく、順不同のようです。

「化粧品」の全成分表示は法律に基づいて行われていますが、『医薬部外品』の全成分表示は、日本化粧品工業連合会の自主基準に基づいて実施されています。
自主基準では、その申請書に記載される名称を成分表示名称とすることが原則となりますので、成分表記は日本化粧品工業連合会の成分表示名称リストに基づいて表記されています。
そのため、「化粧品」に配合されている成分と同じ成分であっても、成分名が異なる場合があります。

つまり、多少成分に詳しい人間が、成分表示を見て判断して購入を検討しようとしても、判断しきれない部分があるというわけです。

 

先日も、大手化粧品会社の美白化粧品に含まれる医薬部外品有効成分で肌がまだらに白くなったという報告があり自主回収となりました。
医薬部外品は確かに国から認可された安全な成分を配合しているので、一定の効果は認められますが、時にはこうした事態もある、ということです。

コメント

コメントを受け付けておりません。