育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 夏の育毛ケアの注意点!

夏の育毛ケアの注意点!

カブトムシ

夏の過ごし方で秋の抜け毛量が決まるといっても過言ではありません!

今からでも遅くはありません!今されている育毛ケアは夏にあった育毛法でしょうか?

日本は四季がはっきりとしているという風土が自然も生活も豊かにしてくれているのですが、その分季節にあった過ごし方を人もしていかねばなりません。

季節感がなくなったと言われる昨今ですが、それでも1年中真夏の南国や、夏と冬のゆるやかな変化しかないヨーロッパの諸地域に比べれば、約3ヶ月毎に移り変わっていく日本の四季というのは結構忙しいものです。

少々話はそれましたが、要は、夏に夏の育毛ケアを!ということになります。

夏の正しい育毛ケアの方法、注意点をご紹介します!

 

夏の正しい育毛ケアの方法と注意点

 

育毛剤は汗を拭きとってから使う!

 

みなさんは、どのタイミングで育毛剤を使用されているでしょうか?

大抵の育毛剤の場合、洗髪後髪を乾かしたあとの使用を勧められています。これは、濡れた状態だと育毛剤の成分が薄まり、流れていってしまい、しっかりと頭皮に浸透しないからです。

同様の理由で、夏はドライヤーで髪を乾かすとまた汗をかきますよね。その後すぐに育毛剤を使うことは=濡れた頭皮に使うことと同じになってしまいます。
再度、タオルで軽く汗を抑えるか、私なんかはドライヤーの冷風を利用して髪を乾かしつつ汗もひくようにしています。

 

夏は特に育毛に必要な栄養を摂ろう!

 

夏は夏バテで栄養バランスが偏るだけでなく、汗でビタミン、ミネラルが失われます。日焼け等をした皮膚の修復にも髪を生成するのと同じ栄養素が使われます。
つまり、夏は他の器官の修復で髪まで栄養が回ってきにくいんです!
夏バテで食欲が…などど言わずに普段以上にしっかりと栄養バランスよく、しかもしっかりと髪まで回るように少し大目に摂取する(決してごはんの量を多めにといいうことではありませんよ)必要があります。

 

夏こそ髪の保湿ケアをしよう!

 

一見、乾燥とは無縁の夏の髪ですが、1年の内で最も強い紫外線に毎日さらされているわけですから、内部はパサパサになっています。
アウトドアで1日中屋外にいた日は洗髪時に指通りが悪いと感じたことはないでしょうか?
それは紫外線による乾燥ダメージが原因です。
そんなときは、男性でもコンディショナー、トリートメントをして髪の保湿もしましょう。女性のように毎日する必要はありませんが、パサつきが気になった時は必要な時です!
パサパサでもフサフサならいいよ、とおっしゃるかもしれませんが、根拠はよく分かりませんが、私が見る限りフサフサな人の髪は大抵ツヤツヤと潤ってるものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。