育毛大辞典 > シャンプーについて > フケを抑えるのに有効?抗真菌シャンプーとは!?

フケを抑えるのに有効?抗真菌シャンプーとは!?

ツツジとネコ
先日の、「秋の育毛法!季節の変わり目の頭皮のカユミとフケに注意!」の少し続きとなります。

脂漏性皮膚炎に効くという「抗真菌シャンプー」というのを見つけまして、どんなものかと調べてみました。

いかにも良さそうな名前ですが、一般的なフケ・カユミの防止にも効くのでしょうか!?

 

「真菌」とは

 

「真菌」とはいわゆるカビのことです。
正確にいえば、一般にキノコ・カビ・酵母と呼ばれる生物をまとめたもので菌界に属する生物の総称です。細菌と区別するために「真菌」と呼ばれるのだそうです。
「真菌」は外部の有機物を利用する従属栄養生物であり、分解酵素を分泌して細胞外で養分を消化し、細胞表面から摂取しています。

 

皮膚には皮膚常在菌と呼ばれる病原性のない菌類が約1兆個存在しており、肌を弱酸性に保ち、有害な菌が皮膚に侵入するのを防いでくれています。
皮膚常在菌は、人体に有用な菌と普段は人体には無害だが、状況によっては害をなすこともある日和見菌の2種類に分類されます。
それら皮膚常在菌のバランスが正常に保たれていれば皮膚トラブルなく過ごせるのです。

 

しかし、食事や生活の不摂生、ストレスなどからくる体調不良で、皮膚常在菌のバランスが崩れると、日和見菌の部類が繁殖、皮膚に害をなすわけです。
はたまた、洗いすぎ、消毒のしすぎで皮膚常在菌を殺し過ぎてしまう場合も同じく皮膚常在菌のバランスを崩してしまいます。

 

抗真菌シャンプーとは

 

抗真菌薬が配合されているシャンプーです。

アメリカの「ニゾラールシャンプー」というのが有名です。
抗真菌作用のある有効成分ケトコナゾールを2%配合した薬用シャンプーです。
この、有効成分ケトコナゾールは、過剰分泌された皮脂や、乾燥したフケにより、異常繁殖してしまった常在菌を殺菌する事で、常在菌の異常繁殖が原因で炎症を起こしていた頭皮状態を正常化し、脱毛も防ぐと言われています。

国内品では、持田ヘルスケアの「コラージュフルフルネクスト」という薬用シャンプーが販売されています。
こちらは有効成分ミコナゾール硝酸塩が、頭皮のカビの増殖を抑える、と説明があります。

いずれもこれら抗真菌シャンプーは、脂漏性皮膚炎の方や、真菌の増殖が原因のフケ、カユミ、と判明している方には非常に有効です。

しかし、フケ、カユミの原因が頭皮の乾燥など別のところにある場合、抗真菌シャンプーの強い有効成分のせいで余計に頭皮の荒れを招いてしまう場合もないとは言えません。
しっかりとした診断の後、使用されるのが良いでしょう。

また、抗真菌シャンプーを使ったからといって、根本的な解決になるわけではない、という意見もみられました。
抗真菌シャンプーを使いつつ、栄養バランスの良い食事や、規則正しい生活で体調も整えていくことがより完治へ繋がる道です。

コメント

コメントを受け付けておりません。