育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 育毛に効果のある成分「パンテノール」

育毛に効果のある成分「パンテノール」

バラ園と髪の長い女性
女性用シャンプーのCMで何となく聞いたことがあるかも…という認識の「パンテノール」

なのでてっきり「パンテノール」というのは、女性にとって何かしら良い成分なのだと思い込んでいました。

しかし、調べてみると、「パンテノール」は、女性にはもちろん、男性の育毛にも有効な成分であるということが分かりました。

本日はその「パンテノール」について、男性にもうれしい育毛効果についても書いてみたいと思います!

 

パンテノールとは


 

「パンテノール」とは、ビタミンB群「パントテン酸」のアルコール誘導体で、プロビタミンB5というビタミンB5の前駆体です。
前駆体(ぜんくたい)というのは、化学物質において、その物質が生成される前の段階の物質のことを言います。
無色の粘性の液で、わずかに特異なにおいがあります。

生体内で容易にパントテン酸に変わり、パントテン酸の関係する生理作用(皮膚および毛髪の成長に関与)に関わります。

別名、D-パントテニルアルコール、DL-パントテニルアルコール、プロビタミンB5、という名称で表示されていることもあります。

水溶性ビタミンですので過剰摂取しても体外へ排出されます。安全性は高く副作用の心配はありません。

 

パンテノールの効果

 

パンテノールの効果としては、

  • 新陳代謝の活性化
  • 傷の治りを早くする
  • かゆみ防止(抗炎症効果)
  • 皮膚の潤いを保つ(保湿効果)
  • 日焼け防止効果

これらの効果から、パンテノールは、医薬品のかゆみ止めや目薬、ドリンク剤、女性用化粧水やクリーム、そして育毛剤や育毛シャンプーの有効成分として配合されています。

皮膚に対する作用として、パンテノールは、表皮の細胞の代謝を活性化し、傷の治りを早くすることから、欧米では昔から火傷や傷薬の成分として使われてきました。
また、過酸化脂質を作るのを防いだり、副腎機能を改善して、体内でのステロイドホルモン産生を助けたり、保湿力があり、皮膚からの吸収も非常に良いのも特徴です。
副腎機能の改善や傷の治りを早くするというのは、炎症を抑えたり皮膚のバリア修復にもつながるため、アトピーや敏感肌のスキンケアにも最適な成分だと考えられています。

 

パンテノールの育毛効果

 

新陳代謝の活性化、かゆみ防止(抗炎症効果)、皮膚の潤いを保つ(保湿効果)ことから総じて、抜け毛、白髪の予防に有効とされています。

パンテノールは、ストレス抗体作用もあり、育毛に大敵なストレスに対抗するビタミンとしても注目されています。

また、パンテノールは、毛髪の軸や毛根まで成分を持続的に浸透さらに蓄積して、健康な髪の成分であるパントテン酸として代謝され、髪の栄養成分となります。
髪に持続的な潤いやツヤ、ハリを与え、ダメージを受けた毛髪の修復にも優れた効果を発揮します。

コメント

コメントを受け付けておりません。