育毛大辞典 > 成分 > 育毛に良い漢方とは!?

育毛に良い漢方とは!?

ウコン飲料

育毛剤というといまでは「プロペシア」や「ミノキシジル」等、西洋で発明された医薬品が一般的ですが、一昔前までは「養毛剤」と言われていたいわゆる「漢方」の東洋の薬のほうが有名だったような記憶があります。

医薬部外品の育毛剤や育毛シャンプーに含まれている「生薬」成分は、漢方に用いられてきた成分のことです。

で、あるのなら、育毛に効く漢方そのものを摂取すればいいのではないか?と、思いまして、改めて育毛に良い漢方を調べてみました!

 

漢方とは

 

漢方とは中国から日本に入ってきた独自の伝統医学です。
漢方で用いられる薬が漢方薬であり、漢方薬は、植物性・動物性・鉱物性由来の成分「生薬」を組み合わせて作られています。

漢方薬には、身体が本来持っている自然治癒力を高め、回復を支援するという働きが期待されています。
西洋薬は病名を決めてから選ぶため、即効性があって強い効き目があるのに対し、漢方薬は全身にゆっくりと作用し、慢性疾患に効果を発揮するのが特徴です(即効性のある漢方薬もあります)。

漢方薬は西洋薬と比べれば副作用が出ることが少なく、安全性も高いです。
しかし、食品同様、アレルギーや体質に合わない、容量・用法を守らない(大人用を半分にして子供に飲ませる等)等で体調不良を起こすこともあります。

 

漢方と育毛の関係とは

 

漢方では、毛髪は血の産物と考えられ「血余(けつよ)」血の余りと呼ばれています。
そして、薄毛は内臓疾患からくる症状だと捉えられています。
つまり、内臓を健康にし、体全体を整えて発毛しやすい環境にする、という考え方です。

その為「腎」の機能を高める漢方薬で「腎」の機能を高める事により、身体が若返り、毛母細胞も活性化されると言われています。

 

育毛に良い漢方

 

既に育毛に効果のある成分として書いたものも含まれますが、

 

センブリエキス
→参照 育毛効果のある成分「センブリエキス」

 

ニンジンエキス
→参照 育毛に効果のある成分「ニンジンエキス」

 

トウガラシエキス
→参照 育毛に必要な栄養素!~カプサイシン~

 

ドクダミ
ドクダミ茶、ドクダミ酒としても気軽に摂取できる漢方のひとつです。漢方名を「十薬」と言います。
どくだみの花や葉には、クエルシトリン、イソクエルシトリンが豊富に含まれていて、これらは、経口摂取することで肌の健康を保つ上で重要なビタミン類の一種であるビタミンPと同様の働きをするとされ、その働きは利尿作用や毛細血管の強化作用によって新陳代謝を促進させるもので、頭皮に充分な栄養を送りこみ、老廃物を排泄してくれることで育毛に効果があると考えられます。

 

ウコン
昨今、二日酔いにウコンというのが定番になっていますが、それはウコンに含まれるクルクミンが肝機能を増進させるからです。
アルコールを大量に飲むと、本来育毛に使われるべきだったアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまいます。ウコンにはアルコールの分解を促す作用があり、本来、育毛に必要なアミノ酸が必要以上に使われてしまうことを防いでくれます。
また、ウコンには強い抗酸化作用もあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。