育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 薄毛とコレステロールの関係とは!?

薄毛とコレステロールの関係とは!?

たまごかけご飯はコレステロールが高い

先日、社内で健康診断がありまして、とうとう私も「コレステロール値」でひっかっかってしまいました。

いや、まだ決して中年太りとまではいかない(と、思っている)のですが、若干体重が増えてきた事実はあります。

これはいけない、と、コレステロール値を下げる方法を探していたところ、薄毛、抜け毛との意外な関係が見えてきました。

薄毛とコレステロールの関係、これは調べれば調べるほど、人事ではないと思いましたね。

 

コレステロールとは


 

コレステロールという言葉は良く耳にしますが、コレステロールとは何かを正確に知っているでしょうか?

私はと言えば、正直今の今まで何となくしか知りませんでした。

コレステロールとは、たんぱく質や炭水化物と共に三大栄養素と言われる脂質の一種です。

コレステロールは生体に不可欠な物質であり、生体内で重要な働きをしています。
例えば、生態の細胞膜の構成成分のひとつ出会ったり、脳の神経線維の絶縁体の役割をしていたり、男性ホルモン、女性ホルモン等のホルモンの原料となります。

 

そして、コレステロールには、これも名前は聞いたことはあると思うのですが、「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」があります。
しかし、コレステロールそのものに実は種類はありません。「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」とはコレステロールを運ぶリポタンパクのはたらきの違いによるものです。

「善玉コレステロール(HDL)」は、細胞の余分なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきをします。血管壁にたまったコレステロールも回収し、動脈硬化を防ぐはたらきもあるため善玉と呼ばれています。
「悪玉コレステロール(LDL)」は、コレステロールを必要とする体の組織に運ぶ、大切な役割を果たしています。ただ、細胞が必要とするコレステロール量は限られているため、余ったLDLが血液中に増えすぎると血管壁に沈着して動脈硬化をおこす原因になるので、悪玉と呼ばれているのです。

 

コレステロールと薄毛の関係

 

コレステロールが増えてしまう原因として一般的に挙げられているのが、

  • (肉や卵、洋食中心等)脂質の多い栄養バランスの悪い食事
  • 酒の飲み過ぎによるカロリー摂取過多
  • 運動不足
  • ストレス
  • 遺伝的体質
  • 甲状腺機能低下症等の病気によるもの

が考えられます。

 

ここまで、見て、お気づきになりましたでしょうか?
そう、薄毛の原因と重なる部分が多分にあるんです!しかもその多くが生活習慣の中に原因が潜んでいます。

 

さらに、コレステロール値が高くると懸念される病気として、動脈硬化があります。
動脈硬化とは動脈の内壁にコレステロールがたまって組織が硬くなり、血流が低下してしまう病気です。血管の弾力性が失われるので、わずかな刺激で血管が破れてしまうようなこともあり、命に関わる病気です。

血液がドロドロということは、当然、血行が悪くなり、頭皮の毛細血管への栄養補給も阻害されます。届くはずのものも届かない、というわけです。

 

また、コレステロール値が高いということも問題ですが、引くすぎるのも問題です。
コレステロールにおいては、「悪玉」は少ないほどいい、ということでは決してありません。
「善玉」にも「悪玉」にもコレステロールには担う役割があります。コレステロール値が低くなると、細胞膜を守る力が弱くなったり、ホルモンの生成不足に影響します。
毛髪も細胞のひとつでありますし、ホルモンバランスを整えることは、健康な毛髪にとって必須です。しかも、毛髪は生命の維持に直接関わってはいませんから、まっさきに切り捨てられる(=抜け毛)箇所でもあります。

 

コレステロール値は薄毛とも深く関わっていますので、私のように健康診断でひっかかった薄毛の気になる男性諸君は、気をつけてみましょう!

コメント

コメントを受け付けておりません。