育毛大辞典 > 健康 > アレルギー > アレルギーの人のシャンプーの選び方はこれだ!

アレルギーの人のシャンプーの選び方はこれだ!

ネコアレルギーなんてのもありますね。

アレルギーの人はどのようなシャンプーを選んだら良いか!?というのは大きな問題だと思います。

私自信はスギ花粉症程度の軽度のアレルギーなのですが、友人には使っているうちに最初はよかったのに段々と肌荒れを起こして使えなくなってしまうというの人もいます。

そこでよく、どんなシャンプーが良いのか?何を使ったらよいのか?シャンプーを使わないほうが良いのか?等アドバイスを求められることがあります。

正直、結論を先に申しあげまして、これがいい!このシャンプーを使えば間違いない!というのは断言できません。

アレルギーの症状も、何のどの成分に対してアレルギーを起こしているのかも人それぞれだからです。私はシャンプーに詳しいとはいえ、医者ではありませんし、医者にかかったとしても一発でそんな断言するような医者は私は信用できません。

「アレルギーには○○の無添加シャンプー!」や、情報サイトでも結局「オススメの○○シャンプー」と特定のシャンプーへ誘導するようなものも私は信用できないと考えています。

ですので、こちらでは、「アレルギーの人はこういうシャンプーを使いましょう」ではなく、「アレルギーの人はこうしてシャンプー選びをしましょう」という方法をご紹介したいと思います。

 

アレルギーの人のシャンプーの選び方

その1 ノンシリコン・無添加・オーガニックに振り回されない!

 

これらは、メーカーが売りを打ち出すためにつけている場合が多々あり、これらの表示があるからと言って、体に良い・頭皮にやさしい・アレルギーを起こさない、とは限りません。
もちろん、中には体質に合った良いものが見つかることもあるでしょう。しかし、これらの表示だけで判断しないでください、ということです。

参照→「シャンプーの成分「シリコン」は本当に髪に良くないのか!?」

参照→「無添加シャンプーの定義とは!??」

参照→「オーガニックシャンプーとは何か!?」

 

その2 パッチテストやお試し用などで試してから本商品を購入しよう

 

体質にあったシャンプーが見つかるまで『シャンプー難民』になっていないでしょうか!?

そこでまず、お試しサイズの販売があれば、まずそちらから試して下さい。男性だと面倒だからといきなりボトル買いをして無駄にしたりなんてよくある話じゃないかなと思います。
お試し用はだいたい3日~7日分あります。そこで、シャンプーを使用してかゆみや湿疹などがでなければ第一段階はクリアかと思います。

お試し用がない場合、シャンプーによっては、合わなかったら「○日間の返金保証」という制度があるものもありますので、大いに利用しましょう。

そういったものもなければ、パッチテスト、といって、腕の内側など皮膚の柔らかい部分に直接シャンプーを塗り24時間放置して赤みやかゆみがないか見る、という方法です。
しかし、このパッチテストも正確には皮膚科で行うものです。今ご紹介したのはあくまで簡易的に自宅で出来る方法のひとつです。

商品購入を検討する際に「アレルギーテスト済み」のものを購入するというのもひとつの手です。もちろん、残念ながら100%アレルギーを起こさないとは言えませんが、低刺激である、ということは確かだからです。

 

その3 自身のアレルギー体質を把握する!

 

ぜひ一度、皮膚科もしくは専門のアレルギー科へ行ってアレルギーテストをしてください。自身の体質を知ることが最大の防衛になります。

実際にアレルギーテストを行った友人の話によると、本人があこれと思ってたいスギ花粉にはさしてアレルギーがなく、ヒノキ花粉にアレルギーがあることがわかったという話です。

自身の正確な体質を知ることが大事です。かぶれ、かゆみのあったときはそのシャンプーの成分表示やその時の自身の体調、どんなときにアレルギーが出たかをメモしておくとよいと思います。

コメント

コメントを受け付けておりません。