育毛大辞典 > 育毛グッズ > かつらのメリット・デメリットとは!?

かつらのメリット・デメリットとは!?

フサフサの彫刻

これまで私は自毛を生やす!ということに注力していましたが、「かつら」という選択肢をきちんと考えに入れてなかったなと思い、今回は「かつら」について調べてみました。

「かつら」というと、自分が子供の頃はよくテレビのコント番組で、つけてるのが明らかにバレバレで、ずれたり、取れたりなんてのが笑いを誘うネタになっていて、その刷り込みなのか、まったく良い印象を持っていませんでした。

しかし、今時は、若い女性の間でも「ウィッグ」と呼ばれるファッション用のかつらが流行っていたりして、かつらは私がイメージしていた頃よりも随分と大進歩を遂げていました…!

 

今時のかつらとは

 

今時のかつらの種類と構造

まず、かつらに最も大切な毛の部分は、人工毛と人毛の2タイプがあります。当然、人毛の方が自然な見た目にはなりますが、人工毛は型崩れしみくい、熱や太陽光による褪色がしにくい等のメリットもあります。

かつらのベース部分はネットか、樹脂で出来ており、部分用かつらではピンでとめるのが一般的ですが、自毛が少ない方は、両面テープや帽子タイプのものになります。

 

今時のかつらの価格

かつてはかつらはそれこそ大変高額なものでした。(今でも十分高額ですが…)

かつらの価格の相場はオーダーメイドであるため、50万~100万と言われていますが、最近では部分かつらであればオーダーメイドでも10万円台のものが出ています!

市販のウィッグという感覚で足りるということでしたら、それこそ10万以下の安価なものもあります。

今時は、いきなり高額なかつらを買わなくても良いというわけです。

 

かつらのメリットデメリット

 

かつらのメリット

 

かつらをかぶるとポジティブになる!
かつらを使用して自分のルックスに満足すると男性は気持ちがポジティブになりやる気や積極性が増す、ということが実験の結果で本当に出ています!
薄毛というコンプレックスが、それだけでなく性格までも委縮させてしまっていることは確かです。ひらきなおって芸能人等のようにネタにして生きている人はほんの一部です。
かつらという簡単な手段で自信が取り戻せるのであればそれはかつらの最大のメリットといって良いのではないでしょうか!?

 

長期的にみれば安価である
かつらは高額である、というイメージがどうしても付きまといますが、いきなりかつらから、という人は少ないと思います。
必ずその前に、育毛剤なりを使ってきたのではないでしょうか!?そして、その育毛剤が効かないからといって何種も買い変えたりしてきた人も多くいると思います。
育毛剤は1度に買う分には少額ですが、例えば1本1万円の育毛剤で2ヶ月で1本使い切るとして、1年で6万円、3年で18万円、10年使ったら60万円です。
そう考えると、効くか効かないかわからない育毛剤を使うよりは、メンテナンス代等も含めても、さくっとかつらを買ってしまったほうが無駄な出費を抑えられる、と言う人もいます。

 

かつらのデメリット

 

常にかつらのことが気になってしまう
かつらが取れるとか、ずれるとか、それははるか昔ドリフのコントの時代の話です。
今時のかつらは本当によくできています。各メーカーのサイトを見ても多少の違いはありますが、強風でも、スポーツでも、さらに旅行先で温泉もかつらを装着したまま入れるくらいにはしっかりしたものになっています。
ただ、実際にかつらを着用していたが止めてしまったという人の体験談の中には、「不自然に思われていないか」「ずれたりとれたりしてしまわないか」と常に心配で精神衛生的にストレスが貯まってよくなかった、というものがありました。

 

メンテナンスが面倒、費用がかかる
かつらもシャンプーをして清潔にしておかなければいけません。また、人工毛だと生えてる毛髪と同じですから、日焼け等で傷みやすい、セットがしやすい代わりに崩れやすい、というデメリットがあります。
良い状態を維持するためにはマメにメンテナンスする必要が出てきます。仕事が忙しくてそんな暇が取れなかったり、本来無精な性格の人には、メンテナンスが出来ずそのうち使用することもなくなり高い買い物となってしまう可能性が多いになります。

 

かつらのせいで余計に薄毛が進行してしまうのでは?という心配
かつらのせいで頭皮が蒸れてしまう、余計に薄毛が進行してしまうのではないか?と心配は必ずあると思います。
実際のところ、これはあるともないとも断言できません。
というのも、薄毛の原因は様々な要素が合わさったものであるからです。

しかし、かつらにも向き不向きがあります。
元々頭皮トラブルがあったり、皮膚が弱い、タイプの方は、かつらで蒸れてしまうことによって頭皮トラブルが起きる、さらに悪化する可能性は十分あります。
ですので、かつら作成時にメーカーの人へその点も含めて相談するなどして、なるべく通気性の良いタイプのかつらを選びましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。