育毛大辞典 > 健康 > 現代病「ストレートネック」で薄毛になるかもしれない!?

現代病「ストレートネック」で薄毛になるかもしれない!?

ネコの猫背

昨日の日記と多少内容は被るのですが、ネット依存症と薄毛の関係を調べていたら、この「ストレートネック」という単語が多く出てきました。

→参照「ネット依存症が薄毛のリスクを招く!」

「ストレートネック」は現代人に多い現代病のひとつであり、予備軍も含めるとその数は今急増しているということです。

そこで、本日はこの「ストレートネック」について掘り下げていきたいと思います!

 

「ストレートネック」とは


首の骨は本来、少し前側に張り出すようにカーブして頭の重心を保っています。
それが、慢性的なうつむき姿勢(猫背)、スポーツによる障害、むち打ち等により、首のカーブが失われ、頚椎の生理的前湾角度が30度以下の状態になると「ストレートネック」とされます。

現代病、と先に申しあげましたが、「ストレートネック」という病名は正式にはありません。首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉となります。

ストレートネックの場合、頭部や重心線が背骨より前に来てしまう為に、重い頭(約4~5kg)を首の筋肉で支えなければなりません。
そうなると、体に負担となり、様々なトラブルが起こってきます。

 

「ストレートネック」となると、

慢性的な肩こり・首のこり
上が向きづらい
頭痛
めまい
吐き気
手のしびれ
自律神経の乱れ

等の症状があらわれます。

 

「ストレートネック」は首の筋力の弱い若い女性に最も多いとされていますが、パソコンでのデスクワークに加えてスマホやタブレットを1日中うつむいて操作していることの多い現代人には一様になる可能性の高い症状なんです!

頭の重さは周囲の椎間板や筋肉や神経に過剰なストレスを与え続けていますので、 そういった期間が長期間続いてくると、 結果的に頚椎ヘルニアや慢性的に繰り返す寝違えや頚椎症の原因にもなってきてしまいます。

 

「ストレートネック」にならないための予防法

 

姿勢良く過ごす、というのが一番ですが、それを意識出来たら最初からしているよ、ということで、ここでは簡単なストレッチ法をご紹介します。
これなら簡単ですから、私のようなめんどくさがりな人でも続けられるのではないかと思います!

ストレートネックの人は、肩が内側に入っていることによって、猫背になったり、悪い姿勢になっています。

そこで、肩の内側への入り込みを伸ばすストレッチが効果的です。

やり方としては、

  1. まず、両手を後ろに組み、腰のあたりに置きます。
  2. そして、両手を握ったまま下にひっぱり、胸を開きます。その状態で、20秒程度キープします。
  3. その後、元に戻します。これらの動作を3回繰り返します。

これもめんどうだ、という人は姿勢矯正バンドや姿勢を良くしてくれるバランスチェアを購入して強制的に姿勢を正してみるのもひとつの手です!

コメント

コメントを受け付けておりません。