育毛大辞典 > 健康 > 糖分の摂り過ぎが薄毛の原因になる!

糖分の摂り過ぎが薄毛の原因になる!

スイーツ男子も増えているらしい…

世の中、甘党の男性、というのも結構いるものです。

私の周りで、スナック菓子は食べない、甘いジュースも飲まない、のに、ややぽっちゃり体型の友人がいますが、どうも基本の食事が甘めの味付けが好きらしいのです。
例えば、たまご焼きは砂糖たっぷり、だとか、菓子は食べないが、菓子パンを昼食代わりにしている、だとか、食事での糖分の摂取量が多かったんです。

幸い、その友人はまだ薄毛ではありませんが、そんな食生活をしていると将来薄毛になるぞ!と脅しておきました(笑)

なぜなら、糖分の摂り過ぎている人は確実に薄毛予備軍だからなんです!

 

糖分の役割とは

 

糖質とは、炭水化物の事で、糖分は、その中の成分です。
炭水化物は、糖と食物繊維の総称です。

一口に糖分といっても、ブドウ糖、果糖、脳糖、麦芽糖、デンプンなどさまざまな種類があります。
このうち体内に直接吸収されるのはブドウ糖、果糖、脳糖だけで、その他の糖分は体内で分解されてブドウ糖に変わってから吸収・利用されます。

糖分の主な役割はエネルギーの供給です。ブドウ糖1グラムは4千カロリーのエネルギーを生みだし、人体は必要なエネルギーの70%前後を糖分から取っています。
エネルギーを生産するためには一定量の糖質は不可欠です。代謝障害を起こさないためには1日あたり100~120gの糖質を含んだ食事をとる必要があります。

 

糖分を摂り過ぎることによる育毛への弊害

 

現代人は糖分を摂り過ぎていると言われています。
糖分というのは砂糖や果物だけに含まれているわけではありません。前述にもありますが、炭水化物も糖と食物繊維ですし、野菜にも糖分が高いものもあります。アルコールも分解されれば糖になります。
つまり、甘いものを食べなくとも糖はきちんと摂取しているわけです。それに加えて現代では甘い菓子や加工食品や外食(おいしさのインパクト強烈に出すために味が濃い=塩分・糖分が多い)がたくさんあり、よほど健康に気をつかって自炊のみの食生活を送っている人でない限りそれらを日常的に摂取しています。

糖分を摂り過ぎることが薄毛の原因になる根拠として、体内の糖分を分解する際にはビタミンBやカルシウム等のミネラル類を大量に消費する、ということにあります。
その結果、体内の代謝機能が低下することで皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。皮脂が毛穴を詰まらせ、血行不良や炎症を引き起こすことで、結果的に抜け毛をもたらしてしまうのです。

もちろん、そのことは健康にも影響を及ぼします。糖分摂り過ぎ=肥満→糖尿病というのが一般的なイメージですが、それ以外にも、ビタミンやミネラルを糖の代謝に使ってしまったことにより、全身へ回らなくなり、倦怠感、眼精疲労、貧血、骨粗鬆症、精神的不安定も引き起こします。

話がそれますので、話題提起にとどめますが、「現代人は糖質中毒である!」とか「キレやすい子供は糖質の摂り過ぎだ」等という少し過激とも思われる意見もあるくらいです。
砂糖はその昔は大変貴重であったため薬や貨幣変わりに用いられていました。しかし、現代人にとって今や糖質は摂り過ぎが薄毛や健康被害になり、問題となってきているんですね。いやはや。

コメント

コメントを受け付けておりません。