育毛大辞典 > 健康 > 最も効果的な二日酔い対策法とは!

最も効果的な二日酔い対策法とは!

ビールを飲む表情がいいですね~
12月に入り忘年会シーズンですね!

自分を含め、育毛に気をつかう男性の方々はお酒はほどほどに…。と、言いたいところですが、会社のつきあいもありますし、忘年会くらい少しハメを外して飲みたい!という気持ちもあるでしょうし、酒はストレス発散にもなりますし、そこは厳密に守りましょう!とは言いません。

ですが、飲み過ぎた翌日の二日酔いは本当につらいもので、何とか早く回復させる方法はないだろうか?と、このシーズンだからこそ改めて二日酔いについて調べてみました!

 

二日酔いとは

 

二日酔いとは、アルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態のことを言います。
飲酒後短時間に現れるものは悪酔いといい、悪酔いが翌日になって吐き気や頭痛などの著しい不快感を伴って現れることを二日酔いと言います。
二日酔いは、別名「宿酔(しゅくすい)」とも言われます。
急性アルコール中毒とは異なり、二日酔いは、生命に直接の危険はありません。

アルコールを摂取すると、体内でアルコールはアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解されます。
さらにアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸へと分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されることにより体外へと排出される。
アルコールの中間代謝物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性により引き起こされる症状が二日酔いである。つまり二日酔いの原因はアルコールそのものではなく、代謝過程におけるアセトアルデヒドによって引き起こされると考えられています。

 

最も効果的な二日酔い対処法

 

二日酔いの時には、肉体的には脱水症状を起こしている為、大量に水分を補給することがまず第一です。
さらに肝臓でのアルコール分解には糖分が必要であり、糖分をとることが有効です。つまり、二日酔いの時はただの水よりも糖分を一緒に摂取したほうが良いです。
そして、考える頭が残っていれば…の話になりますが、出来れば水分補給は就寝前に行うとより効果的です!

そして、何より睡眠です。
アルコールの95%は肝臓で代謝されます。そのキャパシティをオーバーしているのですから、これはもう肝臓君になんとかがんばって働いてもらうしかないのです。
その間、他の部分を休めることで、二日酔いの回復を図るのが、遠回りのようでいて、実は最も近道なのです。

 

やってはいけない!間違った二日酔い対策法!

 

迎え酒
これは最もやってはいけない二日酔い対処法です。
なぜなら、迎え酒で少し酔いが冷めたような感じになるのは、アルコール濃度が高くなり、アルコールの、感覚を麻痺させる作用が強くなっているだけであり、冷めるどころか更に酔いは深くなっているからです。
さらなるアルコールを処理するため、肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

 

サウナや風呂・スポーツをして汗を流してアルコールを発散させる
血流が全身に拡散してしまい、肝臓に血液が集まらないため、睡眠と比べて血中アルコールの減少速度は遅いというデータもあり、また、心臓の弱い人には心臓に負担がかかるためおすすめできる方法ではありません。

 

飲酒前にウコンを飲む
これは、間違った対処法とは言い切れないのですが。
ウコンに含まれるクルクミンという成分は、アルコールの分解速度を速める作用がありますので、肝臓の働きを高める作用があります。
しかし、ウコンはあくまで漢方であるため、個人差があります。つまりよく効く人もいれば、まったく効かない人もいる、という程度なのです。
ですので、「酒の前にはウコンがいい!」とは言われいますが、万人に効くわけではなくおのおのの体質を見極めて使用する必要がある、という点で、最も効果的とは言えないと考えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。