育毛大辞典 > 健康 > 静電気体質は不健康の証拠!髪にも良くない静電気を発生させない方法とは?

静電気体質は不健康の証拠!髪にも良くない静電気を発生させない方法とは?

来年は午年ですね。

自分もそうなのですが、冬場は静電気に悩まされます。

ドアノブを触った時、セーターを脱ぐ時、席を立って椅子を入れようと触った時等かなり激しくバチッときますね。

これまでは、静電気体質で困るな~くらいにしか考えていなかったのですが、『静電気体質は不健康の証拠』という記事を見つけ、何を!?と思ったわけです。

そして、静電気は髪にもよろしくないものであります。静電気と摩擦がただでさえ貴重な髪をさらに傷めつけているんです!

その、髪に良くない静電気の対策法まで、本日は書けたらと思います!

 

静電気とは


2つの物質を摩擦した時、軌道を外れた電子はどちらか一方の物質に移動し、片方は電子が多い状態(-の電荷)、もう片方は電子が少ない状態(+の電荷)になります。
人体は「+」に帯電しやすく、逆に金属は「-」に帯電しやすいです。
ですから、金属のドアノブなどに手を近づけると、ドアノブの電子が一気に手の方に移動し、「バチッ」という静電気が発生するのです。

『静電気』とは言いますが、電気の移動によって発生するので本当は『動電気』と言った方が正しいんでしょうかね。

空気が乾燥していて、気温が低いと静電気が発生しやすくなります。
湿度20%以下、温度20℃以下で静電気は発生しやすくなります。

 

静電気の発生しやすい人、発生しにくい人とは

 

しかし、この説明だけでは万人に静電気が発生しないとおかしいですね。
現実には静電気の発生しやすい人としにくい人がいます。
静電気が発生しやすい人としにくい人にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

服装の違い
服の素材、組み合わせによって静電気の起こりやすさはかなり変わります。

「+」に帯電しやすい素材
毛皮・ウール・ナイロン・レーヨン
「-」に帯電しやすい素材
アクリル・ポリエステル・麻

この「+」に帯電しやすい素材と「-」に帯電しやすい素材を組み合わせて着ると静電気が発生しやすくなります。
例えば、「ウールのセーター」と「ポリエステルのフリース」など、とても温かいのですが、静電気危険!な重ね着となります。

 

血液のPH(ペーハー)の偏りの違い
ここから本題といってもよいでしょう。健康ではない人は静電気が発生しやすい、という根拠です。

血液が酸性になると「-」電気を保持できなくなり、静電気が起こり易くなります。
血液を酸性にしてしまう食材の代表格がジャンクフードと呼ばれるスナック菓子や即席ラーメンなど、カロリーは高いが、栄養価の低い食べ物です。

血液をアルカリ性に保つためには野菜、豆類、芋類、海草類等、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムのバランスの良い摂取が必要です。

食べ物以外にも、不規則な生活、ストレス、によって活性酸素が体内に貯まっている人は静電気が発生しやすくなります。
活性酸素とは端的にいえば、体をサビさせるもの、老化させるもの、です。
つまり、静電気が発生しやすい人=体内が酸性に傾いている=活性酸素が貯まっている=老化が進む、という構図が成り立つのです。

 

静電気を発生させない対策法

 

加湿器を置く

湿度20%以下の環境では静電気が発生しやすくなるのですから、自室等では加湿器を使い、湿度を常に50%程度に保ちましょう。

 

ゆっくりものに触る

外出先や職場で湿度の調節がきかない場合、一番確実な対策は、一気に電気が流れるのを防ぐため、そろそろとゆっくりものに触り、少しずつ電気を流すことです。

 

服の組み合わせに気を使う

普段、意識してる人は少ないかと思いますが、服の内側のだいたい脇腹あたりに、素材の表示が書かれたタグがついています。そこで素材を確認し、上記にある静電気の発生しやすい組み合わせを避けるだけでもかなり違います。

 

静電気の起きにくい体質に改善する

人は健康であれば、弱アルカリ性に保たれているものです。
静電気が発生しやすい体質ということはそこに何らかの不調があるはずです。
先にあげた、アルカリ性食品を摂り入れて体を弱アルカリ性に戻しましょう。

また、室内だけでなく体内の乾燥も原因のひとつとされています。
乾燥肌、乾燥体質の人はクリーム等で保湿、水分補給もマメに行いましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。