育毛大辞典 > 健康 > 「脂肪燃焼スープ」で痩せる!とは?

「脂肪燃焼スープ」で痩せる!とは?

スープを飲む男性

女性の友人に「脂肪燃焼スープ」なるものがあり、今密かなブームだと聞きました。
なんでも、7日間で8kg痩せた例もあるのだとか。

しかし私は以前にこんな情報も耳にしたことがあります。1ヶ月で1kg減以上のダイエットはリバウンドを起こす可能性が非常に高く、体に負担もかけるので良くない、ということです。

まあ、その人の体重にもよると思うのですが。以前にテレビでおデブタレントの石ちゃんは「デブには+-20kgは誤差の範囲内」とネタで言っていましたし(笑)

しかし、そのスープを飲んだだけでそんなにも簡単に痩せられるのであれば、正直、気になります!

ということで「脂肪燃焼スープ」ダイエットの真相を調べてみました。

 

「脂肪燃焼スープ」で痩せる!とは

 

まず、「脂肪燃焼スープ」の作り方

【材料】
玉葱大3個、パプリカ(ピーマン)1個、セロリ太いのを1本、キャベツ半玉、ホールトマト1缶、チキンスープの素1個

(1)野菜を食べやすい大きさに切りスープの素とホールトマトを一緒に大きな鍋に入れる。
材料がひたひたになるくらい水を入れ10分程煮る。その後野菜が柔らかくなるまで好みに応じて煮る。
(2)塩、こしょう、チリソース、カレーパウダーなど好みに応じて味付けして好きなだけいつでも一日中このスープを食べる。

そしてこのスープをメインにして7日間日別ルールで行う食事療法、が「脂肪燃焼スープダイエット」なるもののようです。

 

そのルールとは、

1日目:スープとフルーツ(バナナ以外)のみ
2日目:スープと野菜のみ
3日目:スープと野菜とフルーツのみ
4日目:スープとバナナのみ
5日目:肉とトマトとスープ
6日目:牛肉と野菜とスープ
7日目:玄米ごはんとスープ

 

また「脂肪燃焼スープダイエット」時の注意事項としては、

1 飲酒禁止(脂肪燃焼が出来なくなる)
2 飲酒した場合は24時間経ってからやり直し
3 飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみ(100%ジュースは1,3,7日のみ可)
4 炭酸飲料は飲まない(ダイエットコークもダメ)
5 揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない
6 甘味料、砂糖などあらゆる甘味料は取らない
7 5日目の肉は茹でるか焼いた鶏肉で皮は食べない(煮魚でもかまわない)

だそうです。
ここまで来て、「脂肪燃焼スープ」をわざわざ作らずともこれだけ食事制限をすれば痩せるに決まってる…と私は思ってしまったんですけどね。

 

しかし、どうやら「脂肪燃焼スープ」と言われる所以はその具材となっている野菜にあるようです。

■トマト
・環器・肝臓病・動脈硬化の予防と治療
・ストレス・疲労・骨粗鬆症の予防
・脂肪の消化を促進し、肥満、高血圧の人に好適な代表的ダイエット食品
・抗酸化作用(リコピン)
■セロリ
・ビタミンB1、B2は、エネルギ-の代謝を改善すし、神経系を正常な働きに保つ
・ビタミンCが疲労やストレスに対する抵抗力を高める
・セロリに多く含まれるビタミンUは、細胞分裂を活発化させ、新しい表皮を作るので胃や十ニ指腸の粘膜がただれる潰瘍に対し効果を発揮
・豊富なカリウムがナトリウムを排泄して血管を広げ、血圧を下げ高血圧に効果的
・セロリの香りの成分には、血液をサラサラにして心筋梗塞や脳梗塞の原因となる血栓を出来にくくする作用がある
■玉ねぎ
・臭い成分の二硫化プロピル、硫化アリルなど一連の硫化物は、生理的に興奮・発汗・利尿効果や消化液の分泌促進効果
・生たまねぎはカルシウムやリンなどのミネラルを含み、血液中の有害物を清める
・血をきれいにする効能を持っている
・成人病予防及び治療(高血圧、動脈硬化)
・便秘解消
・皮膚老化防止
・スタミナがつく
・二日酔い、肝臓保護
■ピーマン(パプリカ)
・免疫機能を高めるので癌や老化予防になる
・血液の凝固を防ぐ成分があるので脳梗塞や心筋梗塞の予防
・血行をよくし身体を保温する効果
・抗酸化作用により動脈硬化の予防
・メラニンや脂肪の代謝を促進する
■キャベツ
・免疫力を高める、体の老化を防ぐ抗酸化力が強い(キャベツの抗酸化力はアスバラガスやブロッコリーと並んで野菜の中ではトップクラス)
・ビタミンCが豊富(ビタミンCがずばぬけて豊富で、大きめの葉を2~3枚ほど食べるだけで、1日の必要ビタミンCをカバーできる)
・胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)の予防に特筆すべき栄養素はビタミンUとK
ビタミンUには、胃壁の粘膜を丈夫にし、胃や十二指腸の潰瘍(かいよう)発生を抑制するはたらき有り
ビタミンUはそもそもキャベツから発見され、キャベジンと呼ばれた
(同名の胃腸薬は、この成分の薬効効果を薬に取り入れたもの)
・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防:ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきがある
・便秘の改善(食物繊維を多く含むため)

ちなみにポイントとしては、
玉ねぎはすって最後に入れあまり煮込まないのがいい
セロリの痩せる成分は葉に多くあるからサラダセロリがおすすめ
キャベツのは多めに
と言われています。

 

「脂肪燃焼スープ」成功&失敗体験談

 

体験談もたくさんあり、参考にさせていただきました。
多かったのはやはり、1週間では簡単に体重は落ちても止めたとたんに簡単にリバウンドしてしまうということです。
単なる食事制限ですから、まあ私としては納得です。
成功者の体験談には、一冬つづけたとか、月に2回のサイクルで続けたとか、運動も取り入れたとか、+αの要素が必ずあるようです。

 

総じて良かったことと述べられていることは、体がすっきりした、軽くなった、デトックス効果が感じられたなど、1週間でも体がすっきりした感は得られるようです。

 

一番の注意事項としては、急激な食事制限で、また、糖質、たんぱく質を制限しているので、めまい、頭痛、低血糖により、頭がぼーっとする等の体調不良をかんじる人もいるようです。こうなったら無理に続けることは危険ですね。

 

しかし、女性というのは「昨日よりも-0.4kg減りました!」と言っては喜んでいますが…
+-0.4kgなんて、服装でも、満腹か空腹かでも(それこそ1回トイレで用を足したくらいでも)変わるのにな~と思うのですがね~
まあ、そこは楽しく続けるということがダイエットには一番有効なようなので!

コメント

コメントを受け付けておりません。