育毛大辞典 > 育毛剤 > 個人輸入で育毛剤を買うメリット・デメリット

個人輸入で育毛剤を買うメリット・デメリット

これも梅

昨日の話の続きになりますが、個人輸入で育毛剤を購入することが初めてとなるとやはり疑問や不安等があると思います。

そこで、本日は、個人輸入で育毛剤を買うメリット・デメリットについて、注意点等を書いてみたいと思います。

 

個人輸入で育毛剤を買うメリット

 

個人輸入で育毛剤を買うメリットとしては、それは何よりも日本未認可の医薬品の育毛剤が手に入る、ということです。

医薬部外品の育毛剤や育毛シャンプーのみで育毛を実践している国は実は日本くらいのものなのです。

海外では、医薬品の育毛剤のほうが断然主流です。

海外製の育毛商品を調べていたとき、日本の医薬部外品同等の育毛剤や育毛シャンプーの少なさに驚いたくらいです。
いや、逆にいえば、日本で販売されているそれら商品の多さに驚かなければいけないのかもしれません。

高額な育毛サロンで施術をしたり、効果のない育毛剤を買い代え買い代え続けていく費用の負担を考えれば医薬品の育毛剤の効果のほうが確実で安価だ、という意見もあります。

 

そして、第2のメリットとして、現在のように円高傾向にあるときは輸入品の購入がお得であります。
育毛剤1つだけでは送料の負担が大きいと考えるならば、国内で買えるサプリメントなんかも一緒に購入するとお得かもしれません。

 

個人輸入で育毛剤を買うデメリット

 

個人輸入で育毛剤を買うデメリットやはり、商品情報は個人で調べなければいけない。副作用や危険性も全て自己責任。という点ではないでしょうか。

医薬品には少なからず必ず副作用のリスクはありますし、国内と海外では使用を禁止されている成分も違います。
日本では禁止されているが海外ではOK、またその逆もしかり、海外では禁止されているのに国内ではOKという成分もあります。

個人輸入代行サイトを利用する際も、そのサイト、運営会社の信頼性を調べておかなければなりません。
私の周囲では偽物や偽業者の被害にあったという話は聞いたことがありませんが、こちらも自己責任なのです。

 

そして「とにかく配送が遅い」ということです。

海外から配送されてくるのですからあたりまえと言えばあたりまえなのですが、それでも、日本の感覚で待っていてはいけません。
最低でも1週間~2.3週間。在庫切れでバックオーダー(入荷待ち)となると3ヶ月も待たされるケースもあります。

梱包等も簡易包装である場合が多く、初めてだとあまりのルーズさに苛立つなんてこともよくあることですが、そこは海外メーカーに日本企業のような対応を求めても無駄です。自分をグローバル基準に合わせましょう。

 

「まとめ買いができない」という点もあります。

個人使用の範囲を超える量は基本的に輸入できない決まりとなっており、どうせ使うものだからといって医薬品の育毛剤のまとめ買いは出来ないんです。
その都度1個なり2個なり買っていくしかありません。

↓こちらは管理人オススメの個人輸入代行の販売サイトです↓
健康堂本店

コメント

コメントを受け付けておりません。