育毛大辞典 > 健康 > 抗酸化食品「アサイー」で健康を維持しよう!

抗酸化食品「アサイー」で健康を維持しよう!

アサイーボウル

「アサイー」という植物をご存じでしょうか?

女性の間では、女優やモデルの間で流行っているらしく健康やダイエット、キレイになる等で結構認知度があるらしいのですが、恥ずかしながら私は先日初めて知りました。

しかし、調べていくと、横浜F・マリノスのDF中澤佑二が、普段より貧血気味だったため練習後の疲労回復の為にアサイーを愛飲するようになったことで改善された、との報道もあり、決して女性だけに効果のあるものではないようです。

その「アサイー」の健康効果を調べてみました!

 

「アサイー」とは

 

「アサイー」は、アサイ、和名ではワカバキャベツヤシ、とも言います。
ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物であり、果実の外見はブルーベリーに似ており、果実を食用とします。
アマゾン地帯の水べりに生育し、1株から3~25本もの幹が生え、高さは25mにもなります。
幹は細く長く、葉は黄緑色の短冊状で長さは最大で2mにもなり、幹の節から黒紫色をした果実をつけた房が垂れ下がります。
植えてから2年ほどで実をつけ、果実は直径1~1.2cmほどの球状もしくは楕円型です。
果実の95%は硬い種で可食部はわずか5%ほどしかないと言われています。

食べ方は、現地ではピューレ状にすりつぶした果肉を、砂糖とファリーニャ(キャッサバ芋の汁をしぼり、炒ってフレーク状にしたもの)を混ぜて食事として食べます。

しかし、現地以外では、どちらかといえば、デザート感覚で、ジュース状にし、そのまま飲むか、牛乳やヨーグルト等の乳製品、バナナやイチゴあるいはそれらの果汁などと混ぜて飲むことが多いです。スムージーにして飲むこともあります。
ペースト状にして果実、グラノーラと混ぜたものを「アサイーボウル」言います。
この「アサイーボウル」というのを試しに食べてみたのですが、薄味のお汁粉といったかんじでした。甘すぎず、私は好きな味でしたね。

 

「アサイー」の健康効果

 

アサイーの実は非常に栄養価が高いことが分かっています。
アサイー果実100g中に含まれるポリフェノールは約4.5gで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれており、他にも、鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウムなども豊富である。
その栄養価から「スーパーフルーツ」と呼ばれることもあります。

また、アサイーには良質なアミノ酸が豊富です。
アサイーのたんぱく質の特徴は、アミノ酸組成(たんぱく質のもととなるアミノ酸の組み合わせ)の良さです。
アサイーのアミノ酸組成は、食品の中でも最も高いアミノ酸スコア(※たんぱく質の良さを表す数値)と言われている卵と類似しています。

さらに、アサイーには繊維が豊富に含まれているため、コレステロール値を下げる働きをします。
オメガ3脂肪酸が含まれており、これもコレステロール値を下げる成分です。オメガ3脂肪酸は血液の循環を良くし、体内のタンパク質レベルを増加させます。

 

「アサイー」摂取の注意点

 

健康にいいことづくしのアサイ―ですが、摂取の注意点はないのか?と探しました。

食品なので、基本的に飲む量や食べる量に制限はありません。
ですが、食物繊維が豊富なため、特に胃腸の弱い人は飲み過ぎて腹を壊すこともあるそうです。

アサイーをのむとキレイになれる!と女性に人気ですが、ダイエット効果はないようです。
これは、サイーにダイエット効果は確認されなかったことが、アメリカの消費者団体・公益科学センター(CSPI)により指摘されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。