育毛大辞典 > 育毛剤 > 複数の育毛剤で相乗効果を狙う!?メリット・デメリットは?

複数の育毛剤で相乗効果を狙う!?メリット・デメリットは?

やる気ない

複数の育毛剤を併用すればそれなりに相乗効果が期待できるのではないか!?

いや、やはり成分同士の相性もあり、デメリットもあるのではないか?

こんな疑問をいただきました。

育毛は長期戦です。とはいえ、効果を早急に求めたくなるのが人の心理です。相乗効果があるならそれに越したことはありません!

複数の育毛剤で相乗効果は狙えるのか!?そのメリット・デメリットを調べてみました。

 

複数の育毛剤で相乗効果を狙うためには


 

複数の育毛剤で相乗効果を狙うためには、まず、その育毛剤の成分、そしてその成分が育毛にとって何に有効なのか、これを知ることが大前提になります。

ひとことで育毛剤といっても、タイプは様々です。
育毛剤のタイプにつきましてはこちらをご参照ください。

→参照「薄毛原因タイプにあった育毛剤を使おう!」

同じタイプの育毛剤を使用しても当然ですが相乗効果は期待できません。
例えば、有効成分が『血行促進型』タイプの育毛剤に『頭皮環境を整える型』の育毛剤をプラスすればある程度の相乗効果が望めるでしょう。

育毛剤同士でなくとも相乗効果が見込める方法があります!
育毛シャンプー、育毛剤、育毛サプリメント(もしくは、亜鉛、リジン等の単体の栄養成分のサプリメント)など総合的にケアすることです。

当サイトでは散々、育毛は、育毛剤だけではなく、生活習慣の改善や体内からの栄養補給もトータルでのケアが重要であると伝えてきました。

ならば、育毛グッズもしかりなんです!
もちろん育毛剤のみで効果のあった方はそこまでする必要はないでしょう。しかし、育毛剤単品では効果がない、という方は育毛剤を変えることよりも総合的なヘアケアへシフトした方が良いと私は考えます。

 

複数の育毛剤を使うデメリット

 

先にあげましたが、まず、育毛剤の成分を知る、そしてその成分が育毛のどこに効果があるのかを知る、これを知らないと決して安くはない育毛剤の似通った成分のものを重ねづけしても相乗効果など期待できません。

そしてこちらは特に医薬品の育毛剤で注意していただきたいのですが、医薬品は文字通り「薬」です。薬と薬の併用に素人判断は危険です。
医療機関に意見を求めるなり、ご自身で調べ尽くすなり、さらなる知識が必要となります。

そして、何よりも、複数の育毛剤を使ってトラブルが起きた時は全て自己責任です。
育毛剤は他社の育毛剤と併用することを想定して作られてはいません。当然ですが。
ですので、メーカーに問い合わせたところで無駄です。他社の製品のことは購入者を同じレベルでしか知りえないですし、育毛効果は個人差が大きいため、一概に回答は出来ないものなのです。
例え、育毛剤を併用して害が出たとしても、どこも訴えることはできません。
ですので、自身の体質を知っておく、というのもやっておかねばならないことです。

コメント

コメントを受け付けておりません。