育毛大辞典 > 健康 > 酵素で健康になろう!

酵素で健康になろう!

野菜スティック

最近、楽天などを見ているとやたらと「酵素○○」という健康食品が流行っていますね。

健康に良い、美容に良い、ダイエットに良い、ということで主に女性の間で人気だそうなのですが、体に良いものであれば、まあ私も気になりますので、ちょっと軽い気持ちで調べてみました。

 

酵素とは

酵素とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。

そうです。ウィキペディアでは、難しくてちょっと分かりづらいですが、要は、生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程において、物質を変化させて利用するのに欠かせないもの。
栄養を運んだり吸収したりする際に手となり足となり働いてくれるものが「酵素」というわけです。
酵素がなければどんなに体内に栄養を取りこんでもそれを活かせない、ということになります。

多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されています。

また、酵素は体内だけでなく、私たちが生活する空間にたくさんあります。洗剤や洗顔料といった汚れを落とすのも「酵素」、果物や野菜、味噌や納豆に含まれるものは「食物酵素」と言います。

 

酵素の健康効果について

 

ここでまず1つ先に誤解を解いておかねばなりません。

調べるまでは私もそう考えていたのですが、酵素ドリンクや酵素サプリメントを飲んで、「酵素そのものを体外から補充する」という考え方は誤りのようです。

 

酵素はあくまで体内で生成されてこそ活かされるもの、そして加熱処理や胃酸によって効果をなくしてしまうのです。

「酵素はすべてタンパク質の1種であり、タンパク質は種類によらずどんなものでも胃の消化液によって分解されてアミノ酸として吸収されてしまうので、食物酵素をいくらとっても体内の酵素が補充されることはない。体内に入ったアミノ酸は、元のタンパク質に戻るどころか、むしろそれ以外で使われる割合の方が圧倒的に高い(ので、酵素液を飲んでも無意味である)」
~Yahoo!知恵ノートより~

「pH2~3だと、酵素はほとんど働かないため、胃に入ると胃酸によって失活(働きを失う)。 また胃の中で分泌されるタンパク質分解酵素によっても酵素は、分解されてしまう(ので、食物酵素を酵素として体内に取り込むことは出来ない)」
~NHK特集番組より~

 

そこで、ちまたの酵素ドリンクや酵素サプリメントは、酵素そのものではなく、体内で酵素に代わりやすい状態にしたもの、体内の食物酵素を手助けしてくれるもの、が入っているのです。

酵素を飲むことによって、体内の消化酵素の手助けをしている、他の栄養の吸収を良くしてくれている、ということです。
ですので、酵素を飲んでいるからといって暴飲暴食、もしくは絶食していたのでは意味がありません。(ファスティングなどの一時的な断食に用いるのは有効と言われています)

 

私が考えるにおそらく酵素ドリンクや酵素サプリメントを飲んで健康を得るということは、自転車に乗るか、電動アシスト付自転車に乗るか、の違いではないでしょうか?
決して、バイクのように自動では走ってくれないのです、動かすのはあくまで自分、ということです。

しかし、酵素を人類との付き合いは古く、見しらぬ新成分なんかよりはよっぽど頼りになる存在であると思います!

コメント

コメントを受け付けておりません。