育毛大辞典 > 健康 > 冬こそ加齢臭対策をしよう!

冬こそ加齢臭対策をしよう!

単純ですが臭いといえば納豆です。

臭いのトラブルと言えば、これから温かくなる春、汗を大量にかく夏のものというイメージがありますが、「加齢臭」に限っては冬の方が要注意である、と知り合いに聞きまして、自分ではまだ意識していなかったものの、今さら戦々恐々としている次第です!

なぜ「加齢臭」は冬にこそ対策が必要なのか?

知り合いとの話ではそこまで聞くことができなかったので、これは自ら調べるしかない!と思い、冬こそ加齢臭対策が必要な理由を調べました。

→参照「頭皮の臭いの原因は加齢臭かも知れない!?」

 

冬にこそ加齢臭が気になる理由

 

春は暖かくなり、あらゆる布が臭いだします。
余談ですが、私は春先の通勤時の電車のシートの何とも言えない酸っぱいむわっとした臭いが苦手です。
そして夏は、さらに気温が上がり、汗臭さや腐敗臭が増します。

ここまでで、何だやっぱり春夏のほうが臭うじゃないか、と思ってしまいがちです。

しかし、春夏は自分で臭いが気になる分、マメに風呂や洗濯、汗をかいたらすぐ着替える等します。制汗剤も夏にはたくさん発売され、使用している人も多いです。
そう、よほどスボラな人でない限り、春夏は意外とマメに臭い対策をしているのです。

に、対して、冬は乾燥していて気温が低いため、自分の身の周りの臭いはさほど気になりません。
そして汗をあまりかかない、厚着をする、コートやセーター、ブーツ等マメに洗いづらい衣類や靴が多いです。

しかし、汗に対して、皮脂の分泌量は年間を通して変わりません。
よって、加齢臭を発生する成分は、この洗わない衣類にどんどん蓄積され、自分では徐々になので麻痺していますが、周囲にとっては強烈な臭いになっているというわけなんです!

 

冬の加齢臭対策

 

冬の加齢臭対策は、一番は春夏と同様の頻度で衣類を洗うことです。
厚着のし過ぎで汗をかいた場合は特にマメに洗濯をしたほうがよいでしょう。
防虫剤のはいったケースに入れっぱなしの衣類が防虫剤くさくなるように、余りに蓄積しすぎた臭いは衣類の繊維に浸み込んで取れなくなりますので、要注意です。

しかし、それもまあ面倒ということでしたら、費用はかかりますがコートは2,3着用意し交互に着るなどしましょう。
そういえば、私も冬服よりも夏服のほうが量が多いです。
ファストファッションも今や定番となっていますから、そういったところで、大量に冬服の着替えを買いこみましょう。

ブーツ、靴類も、1日はいたら2日休ませる(靴の中を十分乾燥させる)と菌の繁殖を多少は抑えられるようです。

コメント

コメントを受け付けておりません。