育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 馬油の育毛効果とは!?

馬油の育毛効果とは!?

馬2頭

ネットで育毛商品を探していると、馬油入りの育毛シャンプーや育毛剤等を結構見かけます。

一昔前までは某シャンプーくらいしか見かけなかったと思ってたのに随分商品数が増えたなあと思いました。

育毛界では今や定番(!?)となりつつある「馬油」の育毛効果について改めて調べてみました!

 

馬油とは

 

馬油とは文字通り馬の油なのですが、一体どこの油なのか!?ご存じでしょうか?

馬油は一般的に馬の腹辺り及び全身の皮下脂肪から作られています。高級なものはたてがみ辺りの皮下脂肪が使用されているそうです。
また、精製する過程の差でも、安い馬油、高い馬油の違いが出るようです。

馬油の歴史は古く、中国では約4000年前から騎馬民族の間で利用されていました。
5~6世紀頃には書物に薬としてはっきりとその効果を記されています。
日本には約400年前に中国から薬として入ってきました。
民間療法では、火傷の特効薬として使用されていました。

余談ですが、江戸中期にお祭りなどに実演販売という形で売られていたガマの油とは「我馬油」と書いてありカエルのガマではなく馬の油だったという話は、有名…だそうですが、私は今初めて知りました。へえぇ~!(笑)

 

馬油の効果とは

 

馬油と人間の脂肪酸の組成はリノール酸・オレイン酸・アラキドン酸・リノレン酸などの不飽和脂肪酸の割合が非常に似ており、人の皮脂に最も近い保湿オイルと言われています。
そのため、人の皮膚への浸透率が高く、かつ足りない油分を補って角質層からの水分の蒸発を防ぎ、皮膚の潤いを保つ保護膜を作ってくれます。

 

馬油の育毛効果

 

馬油が皮膚に良いことは分かりましたが、育毛には何故良いのでしょうか?

育毛が必要な我々の頭皮は炎症、赤みなどのトラブルが起こりやすいものです。
馬油は、「火傷の特効薬」と言われてきただけあって、皮膚の炎症を沈め、熱を取り去る効果があります。

そして、馬油は素早く広がり表面に油膜を張って外部と遮断すると共に、浸透することによって内部の空気を追い出し酸化を防ぐ作用が生まれます。これで保湿、殺菌、抗酸化作用が期待出来ます。

さらに、馬油には血液の循環を促す作用があります。
皮下組織に浸透した馬油の刺激で、血管を拡張し血行を良くする働きがあるということです。

そして、馬油は、薬として使われてきた歴史も古く乳幼児や妊婦にも使えるくらい自然で安全な成分です。
ホホバオイルやアルガンオイル等も自然由来の安全なオイルであるという点では一緒なのですが、馬油は東洋人、日本人に長年馴染んできたものという点でさらに信頼感も増しますね。

どのような質の馬油がどのくらい配合されているかによるとは思いますが、馬油は育毛にも効果を発揮すると言うことは十分理解できました!
馬油入りの育毛商品が俄然気になってきましたね~!

コメント

コメントを受け付けておりません。