育毛大辞典 > 健康 > 30代でも加齢臭に要注意!?第3の臭い「ミドル脂臭」とは!?

30代でも加齢臭に要注意!?第3の臭い「ミドル脂臭」とは!?

ぽかぽかしてると眠いね~
昼はめっきりぽかぽか陽気になり、暖かい日が続くと、気になるのは「におい」ですね。

今はまだ花粉症の鼻づまりでさほど臭いを感じていない私ですが、冬の衣類や布団、電車のシートなんかもそろそろ臭ってくる季節ですね。

これに先駆けて私は増税前に○ァブリーズを買っておきました!(笑)

「加齢臭」については以前何度か書きました。
加齢臭も体臭の一種でありますが、加齢臭には「ノネナール」という体臭成分が深く関係し、40代後半~50代男性のあの独特のいわゆる「おやじの臭い」を発する原因となっています。

新陳代謝が活発で臭う10代後半~20代前半、加齢臭で臭う40代後半~50代、では、その間の世代は臭い問題から解放されるのかと言うと…

なんと、ここに、30代~40代が気をつけなくてはならない第3の臭い「ミドル脂臭」というものがある!という記事を見つけてしまいました。

この第3の臭い「ミドル脂臭」とは何なのか!?を調べてみました!

 

第3の臭い「ミドル脂臭」とは


 

「ミドル脂臭」というのは、文字通り、ミドル(3~40代)世代が発する脂の臭いのことです。
大手化粧品メーカーのマンダムが、これまで加齢臭と混同されてきた30~40歳代男性特有のニオイ成分を特定し、その発生メカニズムを解明して「ミドル脂臭」と名付けたようです。

加齢臭が枯れ草や古い図書館のようなニオイなのに対し、後にミドル脂臭と名付けられるニオイは、廃油のような古いアブラのニオイに特徴があるとのことです。

ミドル脂臭の原因は、主に後頭部や頸部周辺という自分ではなかなか気づきにくい箇所で発生している臭気成分「ジアセチル」であり、頭部などの汗に含まれる乳酸を皮膚の常在菌であるブドウ球菌が取り込んで代謝することで発生するというメカニズムを同社の技術開発センターはつきとめました。

 

つまりこれは、私が以前に書いた日記、

参照→「頭皮の臭いの原因は加齢臭かも知れない!?」

で、私が加齢臭と思っていたものが、3~40代の男性の場合は実はこの「ミドル脂臭」だったということなのでしょうか!?

そうかもしれません…調べるほどにこちらのほうが合点がいくんです。

 

また、マンダムはこのような調査もしています。

 

30歳―49歳の夫と同居し、夫のニオイが気になることがある25歳―49歳の女性を対象にアンケートを実施。

 

夫のニオイが気になる場所は、

1位「夫の近くにいるとき」(60.9%)
2位「(夫婦または夫の)寝室に入ったとき」(48.0%)
3位「(夫婦または夫の)寝室で朝起きたとき」(29.9%)
4位「夫の後ろを通るとき、すれ違うとき」(29.9%)

 

夫が身につけている・使っているもので、ニオイが気になるものは

「枕・枕カバー」(82.0%)
「寝具(枕以外の布団、シーツなど)」(57.4%)
「肌着」「パジャマ・ねまき」(と54.1%)

つまり寝室や寝具、そして特に枕・枕カバーで臭いがきついと世の中の夫の臭いが気になる妻たちは感じているわけです。

 

そこで私は、「薄毛対策」と、この「ミドル脂臭対策」この両方に、育毛シャンプーが有効である!と感じています!
ちょっと長くなりましたので、「薄毛対策」と「ミドル脂臭対策」に効果的なシャンプー、洗髪方法についてはまた次回にでも!

コメント

コメントを受け付けておりません。