育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い栄養素~マカ~

育毛に良い栄養素~マカ~

マチュピチュ

「マカ」という植物をご存知でしょうか?

サプリメントに明るい男性の方であれば、滋養強壮サプリメントとして知っているという方もいるかもしれません。

「マカ」は滋養強壮だけではなく、育毛にも良い栄養素なんです!

本日はその「マカ」について書きたいと思います!

 

マカとは

 

マカとは南米ペルーに生息するアブラナ科の多年生植物です。根をハーブとして利用します。
根の色には、白・黄色・紫・ピンクなど様々な種類があり、色が濃いほど栄養を豊富に含むといわれています。
標高4000~5000mのアンデス高地という、強烈な紫外線と酸性の土壌、加えて昼夜の温度差の激しい過酷な自然環境に育つマカは、土壌の栄養素を吸いつくすように育ちます。
それは、一度マカを栽培した土地は数年間不毛になるといわれるくらいなのです。

マカの歴史は古く、約2000年前には既に人の手によって栽培されていました。
インカ帝国の時代には特権階級の食べ物として珍重され、戦勝をあげた兵士への褒賞として与えられたという研究もあります。

 

マカの育毛効果

 

まず、「マカ」というと何故男性の滋養強壮なのでしょうか?
マカが精力減退によい理由としてはまず下半身の血行不良を改善する効果が挙げられます。マカに含まれているアルカロイドやデキストリンといった成分には血行不良を改善する優れた効果が備わっているのです。
また、マカに含まれるアルカロイド、ステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンなどの成分が、内分泌腺の活動を活発にするためとも考えられています。
2002年には、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対し行われるホルモン補充療法のひとつとして、マカの効果が十分期待できるものと考えられるといった研究結果が発表されました。

 

話が戻りまして、マカは”完全食”とも”栄養の宝庫”とも言われています。現地では”アンデスの人参”と呼ばれています。

 

まずマカには毛髪を生成するのに必要なたんぱく質=アミノ酸の中でも、体内で生成されず外から摂取する必要があるとされる必須アミノ酸9種(フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニン)を全て含んでいます!

→参照「育毛に必要な栄養素!~システイン~」
※システインを作り出す元のアミノ酸が必須アミノ酸であるメチオニンです

→参照「育毛に必要な栄養素!~L-リジン~」

 

その他にもマカには、亜鉛、鉄、カルシウム等、育毛に必要であり、かつ日本人に不足しがちなミネラルが多くバランス良く含まれています。
カルシウムと鉄は同量のジャガイモと比較すると、倍以上含まれています。

→参照「育毛に必要な栄養素!ミネラルとは!?」

リノール酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸も含まれ、これらは高血圧、高脂血症の予防に効果があります。

→参照「薄毛と高血圧の関係!薄毛は高血圧の注意報」

 

さらにマカは前述にもある通り、下半身だけでなく、全身の血行を良くします。もちろん頭皮の血行も良くしてくれます。

 

マカに直接の発毛作用があるわけではありませんが、育毛の成功は、=身体を健康にすること、です。
それら育毛と健康に良い栄養素が満遍なくバランスよく摂れるマカは引いては育毛にとっても”完全食”と言えるのではないでしょうか!?

コメント

コメントを受け付けておりません。