育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い生活習慣 > ビタミンの過剰摂取で抜け毛が増える!

ビタミンの過剰摂取で抜け毛が増える!

何故、彼はにんじんをかじっているのか…!?

私は育毛について調べていく中で、育毛にとって重要な三大栄養素は「たんぱく質(アミノ酸)、ミネラル、ビタミン」であるという1つの結論に至りました。

が、しかし、だからといって、これら「たんぱく質(アミノ酸)、ミネラル、ビタミン」を大量に摂取すれば髪が生える!というわけではありません。

大切なのは何事もそうですが、『バランス』なのです。

特に、ミネラルとビタミンの中でも脂溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けずに体内に蓄積するビタミンは、過剰摂取で逆に抜け毛を引き起こすものがあるんです!

 

過剰摂取で抜け毛が増えるビタミンとは?


ビタミンA

脂溶性ビタミンの一種です。ビタミンAは髪や皮膚の健康維持と成長、細胞の保湿に深く関わっています。また、「目のビタミン」とも言われ、夜盲症や視力低下を防いでいます。

 

話が少々それますが、懐かしい話ですが、自分が子供の頃、親に「肝油ドロップ」を与えられていました。ご存じの方いらっしゃるでしょうか?
これも「ビタミンA」と「ビタミンD」を補給する目的の第二類医薬品なんですね。
子供には甘くて(バナナ風味だそうです。私はずっと砂糖の味と思ってました。)かなりおいしいものだったので、何も知らずにむしゃむしゃ食べてしまっていましたが(笑)

 

話を元に戻しますと、

ビタミンAにはレチノールとカロテンの2種類があり、レチノールは鳥や豚のレバーなどの動物性食品に含まれ、カロテンはかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜に含まれています。
どちらも、通常の食生活では過剰摂取を起こすことは稀です。

が、しかし、普段の食事+サプリメントで補っているという場合、気をつけないと知らず知らずのうちに過剰摂取となっている危険性があります。

 

一般男性の1日のビタミンA摂取量の目安は以下になります。
推奨摂取量:2,000IU(600μg) (これ以下であるとビタミンA不足です)
上限値:5,000IU(1,500μg) (これ以上であればビタミンA過剰摂取となります!)

 

過剰摂取になると、急性中毒症や頭痛、疲労感や吐き気、睡眠障害、食欲不振、皮膚の荒れなどを引き起こす場合があります。
頭皮の荒れ、硬化も引き起こし、頭皮に栄養が行き渡らなくなり、細い痩せた毛髪しか生えなくなってしまう可能性があります。

 

ビタミンE

 

ビタミンAと同じく水に溶けて体外へ排出されない脂溶性ビタミンです。
ビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、血行を良くし血液をサラサラにしたり、皮膚を丈夫に保つ役割をします。

育毛に良い栄養素を多少なりとも、調べたことがある人であれば、ビタミンEは育毛に良い!という認識があるのではないかと思います。

 

ビタミンEは、体内にとどまる時間が短いので過剰症はない、というのがこれまで常識とされてきたのですが、ビタミンEでも過剰摂取による弊害があるかもしれないという発表がこのほどなされました。
ビタミンEの慢性的な過剰な摂取は、骨の新陳代謝のバランスを崩し、骨粗しょう症になる危険を高める、というのです。

骨粗鬆症というと女性や高齢の方に多いという認識でしたが、男性で、育毛の為にビタミンEサプリメントを日常摂取されている方、上限量を今一度気をつけてみてください!

 

一般男性の1日のビタミンA摂取量の目安は以下になります。
推奨摂取量:100~300mg (効果的な適量です)
上限値:600mg~800mg (これ以上であればビタミンE過剰摂取の可能性あり!)

コメント

コメントを受け付けておりません。