育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 5月の紫外線は頭皮と髪にとって危険!育毛への影響とは!?

5月の紫外線は頭皮と髪にとって危険!育毛への影響とは!?

日焼けもたまにはいいけどね。

紫外線対策してますか!?

え?男だから美白なんて無関係だしそんな対策していない!?まだまだ日差しが弱いから焼けないから大丈夫だ!?

いえいえ、違います!頭皮と髪の紫外線対策ですよ!

頭皮と髪を気にする育毛男子は、真夏よりもむしろこの5月に紫外線対策をしなければいけないんです!

なぜ5月の紫外線は頭皮と髪にとって危険なのでしょうか!?

 

紫外線の種類

 

紫外線のピークは一般的に7~9月と言われています。
ですので、その時期だけ日焼け止め等で気をつければ大丈夫だろう、と考えている人が多いですね。

しかし、紫外線の中にもいろいろな種類があり、その波長の長さによって
「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」
に分けられます。
「C波(UVC)」はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはなく、紫外線のうち地上に届くのは、「A波(UVA)」と「B波(UVB)」という2種類の紫外線です。

「A波(UVA)」と「B波(UVB)」の違いは、

一般的な紫外線のイメージとして、浴びると肌が赤くなる日焼けをするのが「B波(UVB)」です。7~8月がピークになります。
大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがあります。

そして、「A波(UVA)」は「B波(UVB)」のように日に焼けてすぐに赤くなるといったような現象は起こしません。
「A波(UVA)」はその後に肌が黒くなる、この作業を行います。
波長が長い「A波(UVA)」は、「A波(UVA)」は雲や窓ガラスもすり抜けます。紫外線の内9割はこの「A波(UVA)」になります。
じわじわと肌に様々な影響を及ぼし、例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていくのです。
この「A波(UVA)」がピークを迎えるのが5月なんです!

 

紫外線の育毛への影響

 

紫外線を浴び続けると、髪の毛も肌を同じように老化します。髪の毛の柔軟性が低下し、髪のキューティクルがはがれ、髪内部のメラニンが破壊されます。
また、髪の毛の水分が蒸発するので、ツヤがなくなり、パサつきや切れ毛、枝毛などのダメージが発生します。
そして、髪(頭皮)は体の3倍の紫外線を浴びています!であるにも関わらず非常に無防備であります!
帽子を被らないかぎりは、常に露出していて、かつてっぺんを向いてる部位ですから当然ですが。

 

薄毛男性は頭皮トラブルが多いです。頭皮トラブルから薄毛になるのか?薄毛だから頭皮トラブルが起こりやすいのか?あるいは同時進行か?
確実に言えるのは頭皮トラブルと薄毛は直結しているということです。
育毛に気を使う方は、5月こそ、UVカット帽子や日傘等で紫外線対策をしましょう!

→参照「紫外線で抜け毛が増える!?育毛のための紫外線対策法!」

 

育毛男子で日サロでこんがり焼いてる人なんていないですよね?(いないと思いたい!)
日サロのマシンは、肌が赤くなってヒリヒリするのを避けるため、「A波(UVA)」のみを使用しています。
そのため、こんがりと日焼けできるんですが、反面、肌、髪、頭皮へのダメージは大きくなりますのでご注意を!

コメント

コメントを受け付けておりません。