育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い栄養素~アスタキサンチン~

育毛に良い栄養素~アスタキサンチン~

かに
先日の、「育毛に良い栄養素~レスベラトロール~」に引き続き、本日は、こちらも女性の美容商品のCM等でたまに見かける「アスタキサンチン」という成分について本日は調べてみました!

「アスタキサンチン」という名前も最近頻繁に聞くようにはなりましたが、まだまだ馴染みのない成分ですが、一体「アスタキサンチン」にはどのような効果、効能があるのでしょうか?

 

アスタキサンチンとは

 

アスタキサンチンとは、β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される色素物質です。アスタキサンチンは植物由来のカロテノイドです。
1938年にリヒャルト・クーンらにより発見されました。

 

動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできず、第一生産者であるヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類をオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれていきます。

アスタキサンチンは自然界に広く分布しており、甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分に存在しています。
甲殻類を茹でると赤く変色するのは、タンパク質と結合して青灰色になっていたアスタキサンチンが、加熱によりタンパク質分子が変性して遊離し、本来の赤色が呈するためです。

 

アスタキサンチンの育毛効果

 

アスタキサンチンには高い抗酸化作用があることが分かっています。
かつ、アスタキサンチンは、ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどの抗酸化物質も通れない、脳と目まで行きとどく数少ない抗酸化物質なのです。
また、アスタキサンチンは筋肉の疲労回復にも有効です。

 

育毛に直接関わる効果効能としては、アスタキサンチンは自律神経のバランスを整えることに有効です。
また、皮膚や血管を強化する働きもあります。

 

アスタキサンチンは、鮭の切り身や甲殻類から摂りいれることができます。
1日に必要なアスタキサンチンの摂取量は、2mg~6mgが目安となっています。サケの切り身では、1切れ~2切れ、イクラだと約100gがこの量に相当します。
アスタキサンチンは、体内に吸収されて必要な場合は一部がビタミンAに変化します。
ビタミンが不足している人も多い中、アスタキサンチンを摂取することで、ビタミンも補えるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。