育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に良い栄養素~DHA~

育毛に良い栄養素~DHA~

魚の群れ

本日は、若干昨日の続きです。
 

昨日の記事「育毛に良い栄養素~EPA~」

もしかしてこちらのほうがメジャーであるかもしれません。
 

本日は、育毛に良い栄養素「DHA(ドコサヘキサエン酸)」について調べてみました!

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、EPA(エイコサペンタエン酸)と同じく不飽和脂肪酸の一種で、魚油に多く含まれています。
体内で合成できないα-リノレン酸からDHAを合成するため、広義では必須脂肪酸となり、健康増進効果があるとされます。

俗に「頭が良くなる」といわれていますが、これは、DHA(ドコサヘキサエン酸)が神経細胞であるニューロンの生成に関連し、摂取すると脳の働きを活発にしたり、記憶力や学習能力を高める働きがあるためだといわれれています。
人間の脳は水分を除くとおよそ半分くらいが脂質といわれていて、そのうちの4~5%がDHA(ドコサヘキサエン酸)です。そして記憶学習機能をつかさどっている「海馬」と呼ばれる部分には他の部位の2倍以上のDHAが存在しています。DHA(ドコサヘキサエン酸)が頭を良くする物質としてもてはやされたのはそのためです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)の育毛効果

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、EPA(エイコサペンタエン酸)と同じくコレステロールの抑制や血栓を予防する効果があるとされています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、EPA(エイコサペンタエン酸)はほぼ同じ働きをしてくれるといってよいでしょう。
EPAとDHAが不飽和脂肪酸で、非常に近い存在のため、同時に摂取すると相互に有効に働きます。

大きく違う点は、EPA(エイコサペンタエン酸)は、脳血液関門といわれる、脳への入り口を通り抜ける事ができません。 しかし、DHA(ドコサヘキサエン酸)にはそれが可能で、脳神経を活性化し、記憶力の向上などの効果があります。
逆に、EPA(エイコサペンタエン酸)は、血小板凝集抑制効果が非常に高く、心筋梗塞や、虚血性心疾患の予防効果が非常に高いといえます。DHA(ドコサヘキサエン酸)も、効果は持っていますが、EPAほど高くはありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。