育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > シャンプーの安全性とは!?

シャンプーの安全性とは!?

様子を伺う猫

どんなシャンプーを求めているか!?と聞いた時に約8割くらいの人が求めることが「安全性」です。

最近では、洗顔石けんでの小麦アレルギーや美白化粧品での白斑問題等もあり、ますます消費者である我々はその製品の「安全性」に敏感になっています。

では、シャンプーにおける「安全性」とはなんでしょうか!?

「無添加」「ノンシリコン」「防腐剤フリー」「無香料」「鉱物オイルフリー」「エタノールフリー」などなど、これらは本当にその製品の安全性を保証してくれているのでしょうか?

シャンプーの「安全性」について今一度調べ、考え直してみましょう!

 

シャンプーの成分解析サイトは信用できるのか!?

 

そういう私も気になるシャンプーはつい成分解析サイトを見てしまいますが…結論から言えば、これは信用できる、信用できないは半々と言えます。

成分解析サイトの運営ブロガーも、そのシャンプーの配合量、配合バランスまでは知らないでしょう。大事なのはそこなんです。

私は実際、知り合いのつてでシャンプーの製造工場の方に話を伺った事があります。
防腐剤を必要最低限ごく少量いれることと、防腐剤としては物足りないが防腐効果のある成分を、防腐効果が発揮できるまでに大量に配合することと、どちらが良いと思いますか?と。

そして、これを言っては元も子もないのですが、一番大切で忘れてはならないことは、「個人差」です。
アレルギーなどを例に出すと分かりやすいかと思います。
花粉それ自体は人畜無害なものですが、花粉症という病は確かに存在します。私はスギ花粉症ですが、友人は秋のブタ草の花粉症です。花粉症にも反応する花粉の種類の違いがあります。

それと同じように、シャンプーのどの成分が良い悪いと書いていても、自分にとって何が良いかは実際使ってみるまで分からないんです。

ですので、シャンプー成分解析サイトを参考にするのは良いですが、信じ込み過ぎては本当に自信に合うシャンプーなのかどうか、返って見失ってしまいます。

お試し用等あれば、実際使って実感してみる、これが一番だと思います!
また、その時に感じた洗い心地等をメモしてデータとして蓄積していくといいですね。それが何よりの自分の指標になると思います!

コメント

コメントを受け付けておりません。