育毛大辞典 > 健康 > 男の腰痛の原因と対処法!

男の腰痛の原因と対処法!

腰の痛い男性

先週末から引き続き腰痛に悩まされている私です。

普段であれば1日2日も寝れば治っていたので、ここまで長引く腰痛は初めての経験でして、正直段々としんどくなってきました。

まだ整形外科は受診していないのですが、あるいは考えなければいけないかもしれないと思い始めています。

その前に、腰痛に関する知識をもう少し詳しく知っておこうと思い、私なりに調べてみました。

ちなみに、前回の記事はこちらです。

→参照「腰痛の治し方、腰痛になりにくい生活習慣とは!?」

 

男の腰痛の原因とは

 

知識不足故、腰痛に男女差があることを私は知りませんでした。

まず、腰痛にはぎっくり腰や椎間板ヘルニア等の「急性腰痛」と2ヶ月以上腰痛が続くといった「慢性腰痛」とがあります。割合としてはどちらも30%ほどだそうです。
腰痛に悩んでいる人の割合は男女比で4:6と女性のほうが腰痛に悩まされている人は多いとのことですが、某カイロプラクティックでは、急性腰痛を訴える人の60%は男性だったそうです。

 

どうやら、男性は女性に比べて「急性腰痛」になりやすいようです。

 

その理由は以下のことが考えられます。

 

  • 男性のほうが女性より肉体労働に従事する人が多い
  • 男性のほうが生涯における労働時間が長い、デスクワークであっても長時間の座り姿勢は腰に負担がかかる
  • 男性のほうが喫煙者が多く、喫煙が体全体、ひいては腰の血流も悪くし、筋肉を緊張させてしまう
  • 中高年においては、男性の方が女性よりも肥満である割合が高く(平均して男性30%、女性20%)重い体重が腰に負担をかけている

 

また、男の腰痛の原因と調べていたらこんな話もありました。
「常に尻ポケットに財布を入れている男性は腰痛になりやすい」ということです。
これは、尻ポケットに財布を入れたまま座ると、必然的に片方の尻が少し浮いたアンバランスな姿勢で座ることになります。これが日常になり蓄積されると骨盤の歪みが生じて腰痛へと繋がるそうです。

 

正しい男の腰痛予防、対処法

 

ここはあえて男性に絞った「男の腰痛予防、対処法」をあげていきたいと思います。

男性でよくやってしまいがちな間違った腰痛の対処法として、病院等へ行かず、自己流でストレッチをして余計に腰痛を悪化させてしてしまう、ということです。
確かに、筋肉の緊張(強張り)や血行不良はストレッチで治せそうなものですが、原因によっては自己流ストレッチは余計に腰痛を悪化させることになってしまいます!
特に、椎間板ヘルニア等の骨が原因の腰痛の場合は、前屈みのストレッチは厳禁です。
必ず、腰痛の原因、骨なのか筋肉なのか、内臓疾患からくる腰痛なのか、を病院で判断した上で、医師の指導のもとにストレッチは行いましょう。

 

腹筋や背筋を鍛えれば、腰痛とは無縁になれるし、ついでにかっこいい体になれる!実は私もそう考えていましたが、大きな勘違いだったようです、、、

コメント

コメントを受け付けておりません。